1日2000個以上売れたダントツ人気『カレーパン』や焼肉屋さんの『絶品もつラーメン』 愛知県長久手市でなりゆきグルメ旅!!

1日2000個以上売れたダントツ人気『カレーパン』や焼肉屋さんの『絶品もつラーメン』 愛知県長久手市でなりゆきグルメ旅!!

なりゆきアフロ ~愛知県長久手市の旅(1)~

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組【チャント!】。
金曜日の人気コーナー、アフロヘアーがトレードマークの副島淳くんがリポートする『なりゆきアフロ』は、東海地方の125市町村を巡り、そこで出会った人に「町のおいしいもの」を聞き、その場所へ行って味わう“なりゆきグルメ旅”です。
さて今回は、全国的に見ても市民の平均年齢が若く、住みやすいことで知られる、名古屋市の東隣『愛知県長久手市(ながくてし)』を旅しました。

若いママさんがオススメする“塩タン”

公園の砂場で遊ぶ親子を見つけた副島くん。「今まで住んだ中で長久手が一番好き!」という若いママさんに、この町のおいしいものを聞くと教えてくれたのが『サンジュという焼肉屋さんの塩タン』。
「もつ鍋と焼き肉があるお店で、もつ鍋は食べたことないんですけど、いつも絶対タンを頼む」とか。そのイチオシの『塩タン』を食べるべくお店に向かいます。

「これじゃない?」と見つけた【山樹(さんじゅ)】は、先ほどのママさんが言う通り、国産和牛にこだわった焼肉ともつ鍋の専門店で、若い店長さんに取材のOKをいただきました。

お目当ての『塩タン』は全国から仕入れているそうで、オーダーのたびにカットして提供。この日は、愛知県の三河産の黒毛和牛です。(1628円)

その塩タンが出されたとたん「綺麗~!めっちゃいい色! すっごい綺麗!」と肉の良さを表現。焼き過ぎないように注意して、サッと炙ったタンを頬張ると「めちゃくちゃ味しっかりしていて、脂が上質!」とおいしさを伝えます。

ルールを破って味わう“もつラーメン”

すると、そこにもう一品登場! 言われたものを食べるというルールなのに、なぜか『もつラーメン』が。
「あくまでも、視聴者のためです!」と言いながらも、このお店には入る前に「もつ鍋めっちゃ好きなんだけどねー!」とも言っていた副島くん。
単品メニューで見つけて、どうもこっそりオーダーした様子です。

もつ鍋用スープにプリップリのホルモンと野菜を入れて、鍋の締めに使う麺で作った『絶品もつラーメン』(1100円)。ランチで人気の一品でもあります。

一口味わうと「間違いねぇ~!」を繰り返す副島くん。
さらに「スープ飲まなくてもスープの味が分かるくらい、めちゃくちゃ麺に染みてますね。プリップリなモツがふんだんに入ってる! あー、最高!ズルして頼んでよかった!」と“視聴者さまのため”はどこへやら。大満足の副島くんなのでした。

最高売り上げ1日2000個!という“絶品カレーパン”

引き続き、おいしいものを求め、再び町を歩きだした副島くん。
近くに住む番組視聴者さま親子が副島くんを見つけて外へ出てきてくれたようで、早速この大学生の娘さんとお母さまに長久手市のおいしいものを聞いてみると、『アヴァンセというパン屋さんのカレーパン』がオススメだとか。
どうも、牛肉のカタマリが入っている食べ応えのあるパンのよう。

お店に向かって歩くと、そのアヴァンセから出てきたカレーパンを買ったという男性が「運が良くないと、たぶん無いです」と人気ぶりを教えてくれました。
そして、取材交渉に向かう副島くん。OKはもらえましたが、その間にカレーパンが売り切れたようで一瞬焦ったものの、揚げたてがいただけることに。

おいしさ倍増の秘密は“揚げたて”

【アヴァンセ 長久手店】は長久手市近辺で超有名なパン屋さん。

豊富な種類の中、ダントツの人気を誇るのが『牛肉ゴロゴロ長久手カレーパン』(183円・イートイン価格)です。ワインに漬け込んだ牛肉とタマネギ、ニンジン、トマトを3種類のスパイスで煮込んだ具材となるカレーフィリングがたっぷり入った逸品!

なんと最大で1日2000個以上売れたという、創業以来10年以上も売れ続ける人気商品です。

副島くんは「分厚くない?コレ! 重~い!結構重いぞ!」とまず手でカレーのタップリ感を感じてからいただくと…、あまりのおいしさに笑いはじめ「1番!」と叫びます。「一番違うのが、カレーがトッロトロ。めっちゃ煮込んでるんですよ。このトロトロは感動レベルですね!」と大興奮。

お子様にも食べていただけるように、スパイシー感がありながらも、辛すぎない煮込みカレーをイメージしているのだとか。それにプラス、揚げたてを提供。「揚げたてに勝るものはないんで」と店長は語ります。
「すばらしい! マジでこのカレーパンはすばらしいです!」と大絶賛した副島くんなのでした。