グーグルストリートビューで「おうちで自由自在に!妄想旅行」

グーグルストリートビューで「おうちで自由自在に!妄想旅行」

家族で遠くまでの旅行もはまだまだ難しいという現在の状況の中で、様々な「おうち時間」の過ごし方を紹介します。
今回はユニークな「自宅で妄想旅行」を提案します。

■グーグルマップのストリートビューは優れモノ!

 普段は行き先を調べる地図として使う「グーグルマップ」。実は、マップの中のストリートビューモードを使うと、実際にその場所の風景が見られます。IT技術者の吉田喜彦さんは、この機能を使って妄想旅行をする「グーグルマップの達人」。
毎日欠かさずグーグルマップを見る吉田さんは、これまでに5000か所以上をチェック。学校や会社でグーグルマップを使った地域情報の発信の仕方の講習会も行っているという吉田さんに、番組リポーターの水城あやのさんが、楽しみ方を教えてもらいました。

水城さん:グーグルマップには、地図を調べるだけでなく、他の機能もあるのでしょうか?
吉田さん:ストリートビューは実際に歩いているような町の風景を写真で360度見られるモードです。ストリートビューで右下にある人型のマーク『ペグマン』を地図上に現れる青い線の上に乗せると、地上の映像が見られます。この機能で、妄想旅行の準備は完了です!
 それでは、「自宅で妄想旅行」の旅立ちです!

東海地方のオススメスポットは?

 東海地方の面白いおすすめのスポットを聞かれた吉田さんが「普通は絶対に入れない場所」として紹介してくれたのは「名古屋競馬場」。画面をダブルクリックすると…。
水城さん:あー!これは観客席じゃなくて馬が走るところですね。進めるとお馬さんの気分!
吉田さん:グーグルストリートビューでは、企業や自治体の協力を得て、グーグルマップ゜ならではの場所を日々撮りためています。想像力豊に楽しむのが、達人の妄想旅行です!

三重県鈴鹿市の「鈴鹿サーキット」もストリートビューなら、レーシングコースでレーサーの目線に。

吉田さん:芸術品や美術品を積極的にネットでも発信していこうという世界の流れがあり、海外の有名美術館も中まで見ることができますよ。
 それでは海外にも行ってみましょう。

家にいながら世界一周が!

 アメリカ・ニューヨークの「メトロポリタン美術館」もストリートビューで中に入れます。

水城さん:入館料は要らないですよね?何という太っ腹!
吉田さん:300万点を誇る世界三代美術館の一つが、大人25ドルの入館料無しで見学できて、作品を鑑賞し放題です。

フランス・パリではエッフェル塔から町並みを展望。

吉田さんは、アメリカ・ワシントンDCの「ホワイトハウス」、フロリダの「ケネディ宇宙センター」など、中まで入れる意外な場所を次々に紹介。水城さんは、機体の傷までハッキリと見えるスペースシャトル「エンデバー号」にビックリ!

宇宙も海も!

吉田さん:ストリートビューは、宇宙にもいけます!こちらは「ISS国際宇宙ステーション」の中です。歩いていくと、狭い船内にはさまざまな機器がビッシリ詰まっていることが分かります。
 宇宙ステーションの窓から見える地球に水城さんは大興奮。吉田さんは他にもオーストラリア「グレートバリアリーフ」の海底、北海道・知床半島の海上、三重・鳥羽市と神島を結ぶ航路、富士山の登山ルートなど、様々な場所を紹介しました。

妄想旅行のフィナーレは?

 最後に吉田さんが絶対に見て欲しい場所を教えてもらいました。
グーグルマップの撮影隊は、こんな所まで…。
吉田さん:こちら南極、ペンギンの繁殖地の様子です。

 世界中さまざまな場所にいつでも行けるグーグルマップのストリートビュー。
見始めると本当に面白くて、あっという間に時間が過ぎていき、いろいろな発見があります。
皆さんもぜひ、素敵な妄想旅行を楽しんで下さい!