CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

ドラの巻【CBCドラゴンズ情報】

「自身とチームメイトのために」ドラゴンズ京田陽太が繋げる”攻守のリンク”

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
「自身とチームメイトのために」ドラゴンズ京田陽太が繋げる”攻守のリンク” | ドラの巻【昇竜復活へ!CBC中日ドラゴンズ情報】 | CBCテレビ・CBCラジオ


「優勝できなければ、2位も最下位も、同じです」

そう語り、秋季練習は打撃中心に明け暮れたドラゴンズ京田陽太選手。オフに入りCBCラジオ「ドラ魂キング」の生放送でシーズンを振り返ってくれた。

チームでただ一人、全試合に出場。特に守備では、再三に渡って投手を救い、シーズン後半には打撃の調子も上げて、過密日程の一年を戦い終えた。

「優勝できなければ、というのは本音です。でも、Aクラス入りへの更なる高みを感じる中で、しびれる試合を初めて経験できました。そのプレッシャーでのワンプレーワンプレーは、恐いほどでした」

■京田陽太が語る「守備」

まずは、ショートの守備について。とにかく深めのポジショニングが特徴的だった。内外野の境界を示し弧を描く白線よりもはるかに外側なのは、彼にとって珍しいことではない。京田選手本人は言う。

「年の最初に荒木コーチに、今季はエラーの数が増えても気にするな、と新鮮な言葉をいただきました。これで消極的な自分が消えました。とにかく、深い守備は怖い。ビシエドのミットまでの距離を考えただけでも」

ナゴヤドームのファンは、位置が深いほど沸きに沸く。あの場所で追いついて、あそこから強肩でアウトにできるのか!と。京田選手自身も同じ。スリーアウトになってベンチへ戻る途中、ピッチャーの皆さんに、ありがとう!と言ってもらえる言葉がなによりと。

さらに嬉しいことがあるそうだ。それは、ベンチへ戻ってから。野手にとっては担当外である阿波野投手コーチが駆け寄り、笑顔で「京田、ナイスプレー!」と声を掛けてもらえる時。一方で、直接の上司である荒木内野守備走塁コーチが褒めてくれるシーンはまた別次元らしい。スタンドが沸く派手なファインプレーでは褒めてくれない。それより、少しバウンドが変わった時の対応や予めのポジショニングの勝利でのアウトをさりげなくさばいた時の声掛けは、何よりの心地良さなのだという。

■京田陽太が語る「打撃」

そして、打撃面。美しい回転から右中間をライナーで切り裂いていく長打の時の姿は、私宮部が大好きなシルエットだ。トータルの打率には、周囲も不満だろうが、セ・リーグ最多三塁打は、ひとつの証。本人も数への意識ではなく、こう語る。

「まず、味方のピッチャーがいいリズムで試合を作っていると、守備はもちろん、自分の打撃で、そのリズムを援護したい気持ちが強くなりますね。流れに乗せてもらって長打にできたのもあります。それと、自分が守っていて、ランナーが二塁にいるより、三塁に置いた方が断然嫌。だから、打つ時はひとつでも先の塁を、という意識でいます」

相手にギャップ、ショックを与えるプレー、これが京田選手らしさであり、周りから、より求められているプレーなのだろう。

そのために、来春、楽しみにしていることがあるという。沖縄キャンプでの立浪和義臨時コーチの存在だ。

「自分に足りないことを全て教わりたい。右投げ左打ちの同タイプにしか分からない感覚を教えていただきたい。ボクのために来てくださる!というくらい吸収したいです」

と意気込む。偉大なるレジェンドには、以前から言葉でアドバイスを受けている。今回は、担当コーチからの指導に加え、直接、手取り足取り教われるのだ。

その結果として求めるもの。京田本人は、“出塁率”を上げることを強く意識する。試合の流れ、相手バッテリーの配球、ボール球の見極め。自分の持ち味のライナー長打と出塁率の両方の追及は、矛盾させないと誓う。

■京田陽太が「繋げるもの」

京田選手との会話は、常に攻守がリンクしてくる。また、すべてのプレーは、自身のために、チームメイトのために、であることをさりげなく語ってくれる。

例えば、ビシエド選手とのエピソード。ビシエドは、シーズン終盤、懸命な守備により左肩を負傷、戦線離脱した。帰名後すぐに京田選手は、彼の打席登場曲を自身のバッターボックス入りに使った。

「オレの曲、使ってんじゃん!」

ビシエドは通訳の桂川さんを介して、笑顔で話し掛けてきたそうだ。

まずもって、自身は離脱したのに、シーズン閉幕を迎えようとしている時期の試合をチェックしている外国人選手を尊敬するが、京田選手はこう語る。

「ボクがセ・リーグの最多補殺を記録できたのは、ビシエドのお陰です。何度、ショートバウンド送球を巧くアウトにしてくれたことか。だから、一緒に戦っているという気持ちを曲にもこめたくて」

ドラゴンズ2021年のスローガンは「昇竜復活その先へ」と決まった。
冒頭でも語った優勝への思い。そんな京田選手が広げる、ショートの守備と打席のリンク。そして、自身と投手や仲間とのリンク。この繋がりがチーム全体に広がり、最高のリンクとなった時、まさに「その先」へ到達できるのかもしれない。燃えよ!ドラゴンズ!!

【CBCアナウンサー 宮部和裕 CBCラジオ「ドラ魂キング」水曜(午後4時放送)他、ドラゴンズ戦・ラグビー・ボクシングなどテレビ・ラジオのスポーツ中継担当。生粋の元少年ドラゴンズ会員。山本昌ノーヒットノーランや石川昂弥プロ初打席初ヒット実況に巡り合う強運。早大アナウンス研究会仕込の体当たりで、6度目の優勝ビール掛け中継を願う。】

画像:CBCラジオより京田陽太選手(中央)

あわせて読む

    あわせて読む

      pageup