中日クラウンズの歴史

金亨成が石川遼との最終組争いを制して
記念大会のチャンピオンに

2014
第55回大会
金 亨成
金 亨成
Kim Hyung-Sung

大会概要

主催 CBCテレビ 中日新聞社
主管 日本ゴルフツアー機構
協賛 トヨタ自動車株式会社
後援 名古屋ゴルフ倶楽部 日本ゴルフ協会 中部ゴルフ連盟 日本ゴルフトーナメント振興協会 愛知県 岐阜県 三重県 名古屋市
会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,545Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥120,000,000
優勝賞金 ¥24,000,000
トヨタ賞〔優勝副賞〕 クラウン ハイブリッドアスリートS
トヨタホールインワン賞
※期間中4日間
4番 マークX 250G "Sパッケージ・G's"
7番 ヴェルファイア 2.4Z "G's"
13番 プリウスS "ツーリングセレクション・G's"
17番 86GT "Limited"
期日 5月1日~4日
カット 3オーバー143までのプロ61名
出場者数 108名(アマ5名)

大会スコア

1位 金 亨成 64-67-70-68=269 ¥24,000,000-
2位 I・J・Jang 64-68-72-69=273 ¥12,000,000-
3位 今野 康晴 67-69-69-69=274 ¥8,160,000-
4位 岩田 寛 65-69-72-69=275 ¥5,760,000-
5位 Brad Kennedy 65-73-71-67=276 ¥4,360,000-
5位 小田 孔明 72-65-70-69=276 ¥4,360,000-
5位 石川 遼 66-68-70-72=276 ¥4,360,000-
8位 李 京勲 72-66-73-66=277 ¥3,660,000-
9位 武藤 俊憲 68-71-70-69=278 ¥3,024,000-
9位 Steven Conran 68-68-72-70=278 ¥3,024,000-
9位 谷原 秀人 67-69-69-73=278 ¥3,024,000-
9位 谷口 徹 67-69-69-73=278 ¥3,024,000-
13位 鈴木 亨 70-72-66-71=279 ¥2,424,000-
14位 朴 相賢 68-73-71-68=280 ¥1,944,000-
14位 宮里 優作 67-74-69-70=280 ¥1,944,000-
14位 重永亜斗夢 68-68-73-71=280 ¥1,944,000-
14位 桑原 克典 73-69-66-72=280 ¥1,944,000-
14位 近藤 共弘 66-68-69-77=280 ¥1,944,000-
19位 金 庚泰 69-68-76-68=281 ¥1,368,000-
19位 Wen-chong Liang 69-68-76-68=281 ¥1,368,000-
19位 冨山 聡 70-68-73-70=281 ¥1,368,000-
19位 片山 晋呉 72-70-67-72=281 ¥1,368,000-
19位 藤本 佳則 69-68-71-73=281 ¥1,368,000-
19位 松村 道央 60-71-74-76=281 ¥1,368,000-
  • ベストアマ 該当者なし

1R

1R

ツアー史上3位タイの好スコアをマークした松村道央

前日までの雨の影響で、グリーンが止まりやすい状態となった初日。前回優勝の松村道央がツアー歴代3位タイとなる「60」をマークしてトップに立った。松村はツアー開幕戦のインドネシアプロ選手権で優勝を飾り、好調を維持して今大会に臨み、連覇へ向けて絶好のスタートを切った。ツアー最少ストローク記録をクラウンズでマークした石川遼は2年ぶりのクラウンズ出場。安定したショットを見せ、首位と6打差の6位タイにつけた。

2R

2R

2日目首位に並んだ 金 亨成選手

この日3バーディ、ノーボギーの67で回った韓国の金亨成が通算9アンダーとし、ひとつスコアを落とした松村道央選手と並んで首位に立った。
一方帰国2戦目で、大会2勝目を狙う石川遼は、シャフトの長さが違う2本の4Wを駆使してコースを攻略し、通算6アンダーで4位に浮上した。
前週のつるやオープンで優勝した藤田寛之は、通算6オーバー81位で予選落ちした。
また、今大会出場した5名のアマチュア選手は決勝に進めず、ベストアマを獲得する選手はいなかった。

3R

3R

2打差の2位に浮上した‘08年優勝の近藤共弘

名古屋市で最大瞬間風速17.3mを計測するなど、午後から吹き始めた強風に選手たちは苦戦。その影響で、石川遼は後半3つスコアを落としたが、パットが冴えわたった前半の貯金が生き、首位と3打差の3位タイとした。
また'08年優勝の近藤共弘選手は強風に耐え、スコアをひとつ伸ばして首位と2打差の単独2位につけた。
3日目を終え5位タイまでに近藤・石川の他、I・J・ジャン・今野康晴・松村道央と5人の歴代優勝者が顔を並べる展開となった。

4R

4R

最終18番で バーディを決めた金選手

クラウンズでは自身初の最終日最終組となった石川遼は前半のバーディチャンスを決めきれず、2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーで通算4アンダーにスコアを落とし、5位に終わった。9アンダーの首位でスタートした韓国の金亨成がスコアを2つ伸ばし大会初優勝、ツアー通算3勝目を飾った。
I・J・ジャンが7アンダーで2位、今野康晴が6アンダーで日本人最高位の3位に入った。