中日クラウンズの歴史

3人のプレーオフを制した
小技の名手・陳志明

1983
第24回大会
陳 志明
陳 志明
Tze-Ming Chen

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
5,936Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥70,000,000
期日 4月28日~5月1日
カット 7オーバー147までのプロ67名とアマ上位3名 計70名
出場者数 121名(アマ15名)

大会スコア

1位 陳 志明 71-67-71-71=280 ¥14,000,000-
プレーオフ
2位 新井規矩雄 68-66-74-72=280 ¥5,900,000-
2位 David Ishii 70-71-71-68=280 ¥5,900,000-
4位 Scott Simpson 69-68-70-74=281 ¥2,800,000-
4位 倉本 昌弘 73-64-72-72=281 ¥2,800,000-
6位 中村 通 70-70-74-69=283 ¥2,050,000-
6位 Calvin Peete 75-68-68-72=283 ¥2,050,000-
8位 Graham Marsh 72-68-75-69=284 ¥1,625,000-
8位 泉川ピート 72-71-69-72=284 ¥1,625,000-
8位 山本 政彦 72-71-69-72=284 ¥1,625,000-
8位 森 憲二 70-73-67-74=284 ¥1,625,000-
12位 尾崎 直道 74-72-73-66=285 ¥1,085,715-
12位 尾崎 健夫 65-74-75-71=285 ¥1,085,715-
12位 村上 隆 69-72-73-71=285 ¥1,085,715-
12位 許 勝三 70-70-73-72=285 ¥1,085,715-
12位 内田 繁 68-72-73-72=285 ¥1,085,715-
12位 上原 宏一 67-72-72-74=285 ¥1,085,715-
12位 青木 功 69-69-71-76=285 ¥1,085,715-
19位 杉原 輝雄 73-74-69-70=286 ¥731,250-
19位 鷹巣 南雄 73-72-72-69=286 ¥731,250-
19位 呂 西釣 71-71-73-71=286 ¥731,250-
19位 陳 志忠 71-74-70-71=286 ¥731,250-
19位 井上 幸一 67-73-74-72=286 ¥731,250-
19位 Scott Hoch 67-74-72-73=286 ¥731,250-
19位 Terry Gale 71-72-69-74=286 ¥731,250-
19位 今井 将為 69-71-78-68=286 ¥731,250-
  • ベストアマ 尾家清孝 297 63位

1R

1R

初日首位に立った尾崎健夫

前年米ツアーの賞金王に輝いたクレイグ・スタドラーや連続優勝を狙うゲーリー・ホルバーグ、そしてマスターズから帰国してきた青木功に注目が集まった。初日は、穏やかな風で絶好のコンディション。いきなり5アンダー65で単独トップに立ったのは、尾崎健夫。1、2番でバーディを奪うと、3番から3連続1パット。18番で唯一ボギーを叩いたが、和合で初の快進撃を見せた。2打差の2位タイには、前年優勝のホルバーグら4人が並んだ。注目の青木は69で8位タイ。同じく米国帰りの中島常幸は、1、2番でバーディ、イーグルを奪いながら、その後3連続ボギーとするなど振るわず、71の25位タイ。スタドラーは63位タイと出遅れた。

2R

午前中から風が吹き荒れた2日目。前日6位タイの新井規矩雄が安定したプレーで、4バーディ、ノーボギーの66。通算6アンダーで単独トップに立った。この日ベストスコアの64を叩き出して前日の49位タイから一気に2位タイまで上がってきたのが倉本昌弘。10番で6メートルのバーディパットを決めると、11、12番でも約2メートル、15、16番でもバーディを奪いインだけで5バーディ。後半のアウトは1番でバーディ、7番ではこの日唯一のボギーを叩いたが、9番をバーディで締め、7バーディ、1ボギーで大躍進。スコット・シンプソンと並んで3打差の2位タイにつけた。2アンダーの4位タイには、ゲーリー・ホルバーグ、陳志明、青木功の3人。初日トップの尾崎健夫は、スコアを4つ落とし、1アンダー7位タイに後退した。

3R

3R

プレーオフで敗れた新井規矩雄

朝から強風が吹き荒れ、アンダーパーはわずか5人に減った3日目。前日に安定したプレーでトップに立った新井規矩雄も、12番から3連続ボギーを叩くなど、インで大きくスコアを崩し失速。74で通算2アンダーとし、首位の座を明け渡した。代わってトップに立ったのは、堅実なプレーに定評があるスコット・シンプソン。3バーディ、3ボギーの70にまとめ、3アンダーで新井を1打リードした。前日、驚異的な追い上げを見せた倉本昌弘は、この日スコアを2つ落としたものの、1アンダーで首位と2打差の好位置をキープ。

4R

4R

初の栄冠を手にした陳

首位スタートのスコット・シンプソンは、2番でバーディを奪い通算4アンダーと快調な出だし。だが、次第にスコアを落とし、インに入ると通算イーブンパーで4、5人が並ぶ混戦となった。ジリジリと追い上げを見せた森憲二は、12番で首位に並んだものの、その後が続かず後退。ゲーリー・ホルバーグは、16番で左バンカーから2回OBを叩き脱落した。結局通算イーブンで新井規矩雄、デビッド・イシイ、陳志明が並び、史上初の3人によるプレーオフへ突入した。明暗を分けたのは2ホール目の17番。イシイは左バンカーからボギーを叩き脱落。陳も同じ左のバンカーから3メートルにつけ、パーをセーブ。新井は右13メートルに乗せ、70センチまで寄せたが、それを外してしまい痛恨のボギー。この瞬間陳が、初の栄冠を手にした。注目の青木功は12位タイ、ホルバーグは29位タイでフィニッシュ。クレイグ・スタドラーは48位タイと見せ場を作れなかった。