中日クラウンズの歴史

青木功、初日から独走の完全優勝

1978
第19回大会
青木 功
青木 功
Isao Aoki

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,152Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥60,000,000
期日 4月27日~30日
カット 6オーバー146までのプロ60名とアマ上位5名 計65名
出場者数 119名(アマ15名)

大会スコア

1位 青木 功 63-67-72-68=270 ¥12,000,000-
2位 尾崎 将司 71-69-71-64=275 ¥6,500,000-
3位 Hubert Green 71-69-69-68=277 ¥4,000,000-
4位 島田 幸作 69-67-71-71=278 ¥2,700,000-
5位 Graham Marsh 71-69-70-70=280 ¥2,300,000-
6位 中島 常幸 71-72-69-69=281 ¥2,000,000-
7位 草壁 政治 70-69-74-69=282 ¥1,725,000-
7位 郭 吉雄 70-74-68-70=282 ¥1,725,000-
9位 村上 隆 72-69-74-68=283 ¥1,350,000-
9位 小栗 正光 72-65-76-70=283 ¥1,350,000-
9位 小林富士夫 71-69-73-70=283 ¥1,350,000-
9位 今井 昌雪 70-68-72-73=283 ¥1,350,000-
13位 増田 光彦 71-71-71-71=284 ¥1,023,333-
13位 Ben Arda 74-68-71-71=284 ¥1,023,333-
13位 Bob Byman 71-72-68-73=284 ¥1,023,333-
16位 金本 章生 75-68-72-70=285 ¥774,000-
16位 横島 由一 74-71-70-70=285 ¥774,000-
16位 謝 永郁 74-68-70-73=285 ¥774,000-
16位 石井 秀夫 73-70-69-73=285 ¥774,000-
16位 矢部 昭 73-66-72-74=285 ¥774,000-
  • ベストアマ 森道応 289 34位タイ

1R

1R

予選ラウンドで2位につけていた島田幸作

この年マスターズ2位タイと好成績を残したヒューバート・グリーンが初出場。2年連続外国勢が優勝しているだけに、タイトル奪回を狙う日本勢との対決に注目が集まった。初日は晴れたものの、5メートル前後の風が吹き、和合の難度はさらに増した。しかし、史上初の3度目の優勝を目指す青木功が、驚異的な7アンダー63で単独トップに躍り出る。アウトで4バーディをマーク。インに入り、12番では45メートルをサンドウェッジでカップインさせるイーグル、16番の山越えミドルはワンオンに成功し、バーディを奪った。5打差の2位グループには、ボビー・ワドキンス、山本善隆、内田繁らの5人で、アンダーパーはわずか10人だけだった。その中でアマチュアの森道応は、1アンダーで回り、7位タイと健闘。注目を集めたグリーンは、1オーバーの17位タイとまずまずのスタートを切った。

2R

絶好のコンディションに恵まれた2日目。インからスタートした青木功は、11番4メートル、17番5メートル、1番2メートル、2番7メートルを沈め、バーディラッシュ。一時は通算11アンダーまで伸ばし、2位以下を大きく引き離した。3番でこの大会初めてボギーを叩くと、4番でもバンカーに落としボギー。しかし、最終9番ではグリーンエッジからチップインバーディで上がり67。3つスコアを伸ばし、通算10アンダーでリードを広げた。堅実なプレーで6打差の2位につけたのは島田幸作。さらに1打差で、この日ベストスコアとなる65をマークした小栗正光と内田繁が並んだ。2日連続アンダーパーで回ったアマチュアの森道応が、2アンダーと健闘し5位タイ。ヒューバート・グリーンは、スコアを1つ取り戻し、イーブンパーで11位タイに上がってきた。

3R

3R

H・グリーンを寄せつけず圧勝した青木功

3日目、首位スタートの青木功は、風雨に悩まされ72と伸び悩んだ。アウトは3バーディ、2ボギーとスコアを伸ばしたが、10番でグリーンエッジからの20メートルを3パットしてから、リズムを崩した。11、14番も短いパットを外し、インはバーディが取れず3ボギーと苦戦した。追う島田幸作は、アイアンショットが冴え何度もバーディチャンスにつけたが、パットが決まらない。14番では1メートル足らずのパーパットを外し手痛いボギー。スコアを落とした青木との差は1打しか縮まらなかった。一方、徐々に順位を上げてきたのが、ヒューバート・グリーン。1番でボギー、5番では右バンカーからホームランし、ダブルボギーを叩いたが、その後7バーディを奪って3位に浮上してきた。

4R

2位に5打差をつけてスタートした青木功が、1番2メートル、2番2.5メートルと連続バーディスタート。7番でも1メートルを沈めるバーディを奪ったが、8番から3連続ボギーを叩きスコアは振り出しに。追いかける島田幸作は、12番でバーディを奪い一時は青木に4打差と迫ったが、続く13番の左バンカーで2度叩きダブルボギー。逆に青木は、14、15番で連続バーディを奪い一気に押し切った。前半スコアを2つ伸ばしたヒューバート・グリーンもインは1バーディ、1ボギーと伸び悩み、青木を追い詰めることはできなかった。一方、最多バーディ数の9とインのスコア29という大会記録を塗り替えたのが尾崎将司。64と猛チャージを見せ、5打差の2位に急浮上した。青木は、大会史上初となる3度目のタイトルを手中にし、同時に外国勢の3連覇を阻んだ。