中日クラウンズの歴史

橘田の猛追を振り切り
内田繁、初の栄冠

1966
第7回大会
内田 繁
内田 繁
Shigeru Uchida

大会概要

会場 名古屋ゴルフ倶楽部和合コース
6,530Yards Par70(35 - 35)
賞金総額 ¥8,000,000
期日 4月27日~29日
カット 1オーバー141までのプロ29名とアマ上位5名 計34名
出場者数 81名(アマ22名)

大会スコア

1位 内田 繁 69-65-69-71=274 ¥1,200,000-
2位 橘田 規 69-69-70-67=275 ¥500,000-
2位 小針 春芳 70-65-71-69=275 ¥500,000-
4位 藤井 義将 67-65-71-75=278 ¥216,666-
4位 安田 春雄 68-68-68-74=278 ¥216,666-
4位 呂 良煥 69-70-72-67=278 ¥216,666-
7位 中村 寅吉 69-67-71-72=279 ¥100,000-
8位 鈴村 久 69-67-74-70=280 ¥90,000-
9位 松田 司郎 67-67-72-75=281 ¥60,000-
9位 杉原 輝雄 67-68-73-73=281 ¥60,000-
9位 林 由郎 68-70-73-70=281 ¥60,000-
9位 寺島 拓夫 69-68-73-71=281 ¥60,000-
9位 佐藤 精一 73-67-69-72=281 ¥60,000-
14位 能田 征二 69-71-70-72=282  
15位 磯村 行雄 70-67-71-75=283  
15位 陳 清波 71-69-74-69=283  
17位 鈴村 照男 69-70-73-72=284  
17位 ※西田 升平 71-69-77-67=284  
17位 ※森 道応 74-70-72-68=284  
20位 新井 進 68-72-71-74=285  
20位 柳田 勝司 70-69-72-74=285  
20位 石井 朝夫 72-67-73-73=285  
  • ベストアマ 西田升平 284 17 位タイ

1R

2R

中日クラウンズというアーチで飾られた1番ティ。

さらなるメジャー・トーナメントへの発展を遂げるべく、第7回大会は、名称を「全日本アマプロ選抜第7回中日クラウンズ・ゴルフトーナメント」と改称、大会期間が3日制(初日に2R)となり、賞金総額も第6回大会の210万円から800万円に大幅アップした。これによって、優勝賞金も50万円から120万円へとなり、破格の増額となった。また、この年から名古屋ゴルフ倶楽部和合コースでの開催が定着した。
絶好のコースコンディションで迎えた第1ラウンド。多くの選手がスコアを伸ばす中、初出場の関東の若手、竹間正雄が2番で2オンに成功し、8メートルのイーグルパットをねじ込むなどベストスコア66をマークし、単独トップに立った。藤井義将、松田司郎、第5回大会覇者の杉原輝雄が67で2位タイにつけた。

2R

2R

第3Rまでリードしていた藤井義将

午後の第2ラウンドに入ると、午前首位の竹間が大ブレーキ。17番のバンカーショットでミスを犯しダブルボギーとするなど、午前より9ストロークも多い75を叩き急落。一方、藤井、小針春芳、内田繁の3人が橘田規の持つコースレコードタイ65をマークする猛チャージを見せる。藤井は5~6メートルのパットを次々と沈める好調ぶりで、2番に始まり5、10、11、15番で大会レコードタイとなる5バーディを記録。17番で1メートルのバーディパットを外して記録更新は逸したものの、通算8アンダーで単独トップに躍り出た。地元出身の内田は、ギャラリーの声援にも後押しされ、17番で10メートルのバーディパットを沈めるなど安定したゴルフを展開。同じく同郷の松田が10番と14番からの4連続バーディを奪い、イン30のトーナメントレコードを記録。地元出身のふたりが揃って2位タイにつけ、詰めかけたギャラリーを大いに湧かせた。以下、杉原と小針が135の4位タイにつけ、トップの藤井を追う。この年から始まった予選カットラインは通算1オーバーの141というハイレベルな争いとなり、第4回大会を制した細石憲二や杉本英世、オービル・ムーディー、アマ実力ナンバーワンの中部銀次郎らが予選落ちで涙をのんだ。

3R

3R

地元での優勝に執念を燃やした内田繁。

決勝ラウンドに突入した第2日目(第3ラウンド)。好天には恵まれたものの、強い風と初日よりやや難しいカップが切られた厳しいコースセッティングとなり、各選手耐えるゴルフを強いられた。2位に2打差をつけてスタートした藤井は1番でボギーを叩いたものの、2番のロングホールで2オン、3メートル余りのイーグルパットを沈めて盛り返す。その後も安定したゴルフを続け、9アンダーでトップをキープしたままアウトを終えた。同組の内田はアウトを終えて、トップと1打差の2位。さらに後続の安田春雄はアウトで31をマークし、8アンダーの内田と並んできた。インに入ってからは3人による一進一退の攻防が続く。一時はトップに並んだ安田だが、14、15番でボギーを叩き、通算6アンダーの3位でホールアウト。藤井と内田が通算7アンダーのトップタイで第3ラウンドを終えた。

4R

4R

優勝の王冠トロフィーを授与される内田繁。

大混戦で迎えた最終日。内田はいきなり左の林へ打ち込みボギーとするも、2番のロングホールでバーディを取り返してからはパープレーのペース。同組でトップ争いを演じていた藤井は3番でボギーを叩き、内田にトップを奪われてからはスコアをズルズルと崩してしまう。安田は6番のバンカーでホームランを打って痛恨のダブルボギーとし、優勝争いから脱落する。また、前年優勝の橘田規は17番ホールで、トップに並びかけるバーディチャンスを迎えたが、惜しくも入らず1打差の2位タイ。また、悲願の優勝に69をマークして追い上げた小針春芳も、あと一歩のところで届かず2位タイに終わった。結局、終始安定したゴルフで71にまとめた内田が嬉しい地元での優勝を決めた。内田は洵子夫人と新婚5ヵ月、ほのぼのとした初栄冠となった。また、アマチュアでは西田升平と森道応が通算284ストロークで並びホールアウト。アマ初となるプレーオフの末、西田が接戦を制した。