中日クラウンズの歴史

杉原輝雄に競り勝った
試合巧者細石憲二

1963
第4回大会
細石憲二
細石憲二
Kenji Hosoishi

大会概要

会場 三好カントリー倶楽部
7,020Yards Par72(36 - 36)
賞金総額 ¥2,100,000
期日 4月25日、26日
カット なし
出場者数 57名(アマ13名)

大会スコア

1位 細石 憲二 73-67-77-73=290 ¥500,000-
2位 杉原 輝雄 79-67-74-72=292 ¥300,000-
3位 橘田 規 74-72-76-73=295 ¥200,000-
4位 新井 進 75-72-72-78=297 ¥100,000-
5位 中村 寅吉 73-74-73-78=298 ¥75,000-
5位 陳 清波 74-77-74-73=298 ¥75,000-
7位 石井 朝夫 74-77-76-73=300 ¥55,000-
7位 藤井 義将 79-74-74-73=300 ¥55,000-
9位 加藤 辰芳 72-75-76-78=301 ¥35,000-
9位 松田 司郎 75-76-74-76=301 ¥35,000-
11位 佐藤 精一 77-79-79-68=303  
12位 ※吉川 隆之 78-73-75-78=304  
12位 小野 光一 76-77-77-74=304  
14位 石井 廸夫 73-76-81-75=305  
14位 杉本 英世 74-78-77-76=305  
14位 木本 与 79-74-79-73=305  
17位 井上 清次 79-75-76-76=306  
18位 小針 春芳 76-71-80-80=307  
18位 謝 永郁 80-72-73-82=307  
20位 北本 隆 77-76-82-73=308  
20位 山本謙太郎 78-77-78-75=308  
20位 戸田藤一郎 80-75-73-80=308  
  • ベストアマ 吉川隆之 304 12位タイ

1R

第4回大会は、会場を三好カントリー倶楽部に移し開催された。トッププレーヤー達が7,020ヤード、 パー72の難コースにどう挑んでいくかが注目され た。初日は風がやや強かったが、好天に恵まれた。午 前の第1ラウンドでは、関東の名門である我孫子派 の第一人者林由郎が1アンダー71で単独トップに 立った。続いて、1打差のパープレーで三好カントリー 倶楽部をホームコースとする加藤辰芳が単独2位に。 さらに、3位タイには1オーバーで細石憲二、初代チャ ンピオンの中村寅吉、そして石井廸夫が続いた。前年 度チャンピオンの橘田規は、2オーバー74と6位というまずまずのスタートとなった。

2R

2R

三好C.C.で開催された第4回大会。ティショットは中村寅吉。

午後の第2ラウンドに入ると、細石と杉原輝雄が67のコースレコードをマーク。杉原は第1ラウンドの29位タイから一気に2位タイまで駆け上がり、優勝戦線に加わった。細石は、通算4アンダーの140で単独トップに立った。その細石は、1、2番のバーディで波に乗ると、7番から3ホール連続1パットとパットが絶好調。2ラウンドは通算1パット17回(アウト8、イン9)と冴え渡った。ただ、鬼門は11番で、第1ラウンドはOBを打ち、第2ラウンドは3パットと苦しめられた。6位スタートの橘田は安定したプレーで首位と6打差の2オーバー146で2位タイに。第1ラウンド2位につけていた加藤は、75で一歩後退。首位スタートの林や石井も第2ラウンドは伸び悩んだ。 ところで、三好コースでは、それまで正式競技が開催されなかったため、コースレコードがなかったが、大会前日の競技委員会で76以下をコースレコードと認めることにしていた。第2ラウンドに吉川隆之が73をマークし、これがアマ・コースレコードとして認定された。なお、吉川は通算7オーバーの151で10位タイに入ってきた。

3R

3R

橘田(左)のパットを見つめる杉原(中央)と細石(右)

最終日は、第2ラウンドの勢いそのままに杉原が猛追。スコアに乱れが出始めてきた細石と大接戦を演じた。第3ラウンドのアウトは、杉原、細石ともに37と6ストロークの差は縮まらなかったが、インに入ると好調だった細石のパットが乱れだし、15、17番を3パットのダブルボギーとし77。手堅い杉原が追い上げて74をマークし、その差は3ストローク差まで縮まった。また、中村寅吉も73と巻き返し、杉原とともに3打差の3位タイに。2打差の2位には72で回った新井進が急浮上していた。

4R

4R

頭脳的なプレーで杉原輝雄に競り勝った細石憲二。

午後の最終ラウンドは大接戦となった。細石は、不安定なショットが響き、1、6番でバンカーにつかまってボギーという苦しい展開。逆に杉原の追い上げは午後に入っても止まらず、1、5番と絶妙なショートゲームでバーディを獲り、6番では通算2オーバーでついに細石を捕らえた。しかし、細石は10番でバーディを奪い再びトーナメントリーダーに返り咲く。こうなると精神力の攻防だった。10番で落ち着きを取り戻した細石は、15番で5メートル近いロングパットを沈めて優位に立つと、続く16番でも3.5メートルのパットを決めてリードを広げた。一方、杉原は15番で細石と同距離のパットを外してボギーにし、リズムを崩す。結局このパットの成否が明暗を分けた。細石は最も苦手としていた17番のショートホールも手前に刻んで、アプローチでピンに寄せパーセーブ。持ち前の小技を生かした細石が見事初優勝を飾った。中村は、パットに苦しみ5位タイ止まり。3位には前年優勝者の橘田が入り、第3ラウンド終了時2位につけていた新井は78と崩れて4位にとどまった。なお、第2ラウンドにアマ・コースレコードをマークした吉川は、通算16オーバーでベストアマを獲得するとともに、12位タイに入る健闘を見せた。