• これまでのブログ
  • RSS FEED

【日めくりドラゴンズ】11月6日

2011年11月6日は・・・

「クライマックスシリーズファイナルステージ第5戦。
 3勝2敗。中日、王手をかけて臨んでいるきょうのゲーム。

 2-1。このリードを守りきれば、
 ドラゴンズ、2年連続日本シリーズの舞台が待っています。

 1ボールナッシング。投球2球目。
 ピッチャー・浅尾。畠山に対して投球2球目。
 ボールをセット。投げました。

 高め打ちました。打ち上げた。サードファールフライ。
 森野が追いかける。フェンスの手前。
 落ちてくるボールを捕って、試合終了!

 中日ドラゴンズ、2年連続日本シリーズ進出を決めました!」
 (高田アナ)


<日本S進出!井端、決勝2ラン>

スワローズとのクライマックスシリーズ第5戦。

前日に勝ち、3勝2敗と王手をかけたドラゴンズは、

第1戦に先発した吉見をなんと中3日で投入します。

対するスワローズも、

リリーフ登板から中2日で館山を先発マウンドへ。

両チームとも目の前の1試合を取るために死力を尽くします。

球界を代表する投手同士によるギリギリの状態での投げ合いは、

5回まで共に無四球、0-0が続きます。

均衡が破れたのは6回。

ドラゴンズは、

先頭の荒木が、両チーム通じて初めて四球で出塁します。

「まだ荒木はスタートの構えは一度も見せておりませんが、 
 非常にリードは大きくとっています。」(高田アナ)

リードを大きくとって館山を挑発。

「ボールをセット。館山、長いセット。
 バッターは井端。一塁ランナーは荒木。
 ボールをセットします。次のボールを投げる前に、
 一塁牽制!タッチはセーフ!」

「2ボール1ストライク、ボールが先行。
 投球次が4球目。長いセット。キャッチャーはアウトコース。
 ボールをセットします。一塁牽制!
 手から戻って、タッチはセーフです。

館山もボールを長く持ち、牽制球を何球も挟み、

クイックモーションを駆使し、ランナーを警戒します。

「先制のチャンスが膨らむか、1アウトランナー一塁。
 フォアボールで出塁の荒木が一塁ランナー。
 バッターボックス二番の井端。きょうノーヒット。

 一塁また牽制!手から戻って、タッチはセーフです。
 いやぁ、もう井端に投げているよりも、
 荒木に対して投げる球数の方が多いくらいです。」(高田アナ)

5球の牽制球を投じた後、カウント2-2からの5球目でした。

「0-0、6回ウラ。1アウトランナー一塁。
 2ボール2ストライク、投球5球目。
 ボールをセット、ピッチャー・館山。
 長いセット。次のボール投げました。ランナー、スタート!

 打ちました。レフトへ上がった。大きな当たりになった。
 レフト下がっていく。下がっていく、下がっていく!
 見上げている、入った!!
 井端がホームラン!井端の一発! (高田アナ)

強振した打球はレフトスタンドに飛び込み、

均衡を破る先制の2ランホームランに。

荒木の揺さぶり、

わずかに甘く入った球を見逃さなかった井端の一振り。

塁上と打席という形でも、アライバコンビは健在でした。

 

2点リードの9回。ドラゴンズのマウンドには、

このシリーズ調子が上がらない浅尾ではなく岩瀬が上がりました。

先頭に二塁打を許すも、2死までこぎつけ打席には青木。

ここを抑えれば、レギュラーシーズンで叶わなかった

"胴上げ投手"になるところでしたが、

センター前に運ばれ、2-1。

ここで落合監督がマウンドへ。浅尾へのスイッチを決断します。

代わった浅尾が、

畠山をサードファールフライに打ち取りゲームセット。

2年連続の日本シリーズ進出を決めました。

(敬称略)

 

2011年11月6日 クライマックスシリーズファイナルステージ

ヤクルト 000 000 001 =1

中日 000 002 00x =2

(勝)吉見 (セ)浅尾  (敗)館山

本塁打・・・井端1号

この試合のラジオ中継は、

解説・彦野利勝さん、実況・高田寛之アナウンサー

でした。

PAGE TOP