人物紹介

松本雄太の妻/松本 花枝(62)・・・野際陽子

松本雄太の妻/松本 花枝(62)・・・野際陽子

園芸会社“有香園”社長・松本雄太の妻。夫の雄太となけなしの貯金をはたいて小さな花屋“有香園”を起こし、その後夫婦二人三脚で大手園芸会社へと発展させた。しかし愛する夫が突然事故死。その偲ぶ会に4人の女性が現れたことから、夫が隠していた愛人の存在を知り狼狽する。

雄太の義理の父親の連れ子/松本伊都子(45)・・・松田美由紀

雄太の義理の父親の連れ子/松本伊都子(45)・・・松田美由紀

雄太の義理の父親の連れ子。親の再婚で雄太と兄妹になったため血は繋がっていない。空気が読めない天然キャラ。大工だった亭主と離婚し、娘のカンナと2人で暮らしている。雄太の偲ぶ会に招待された一人。

伊都子の一人娘/松本カンナ(24)・・・安達祐実

伊都子の一人娘/松本カンナ(24)・・・安達祐実

伊都子の一人娘。あどけなさの中に妖艶な雰囲気を漂わせている。母親の伊都子をどこか冷めた目で見ており、実は伊都子の秘密を握っている。子供の頃雄太にもらった花言葉図鑑を大切にしており、雄太が遺した短歌に記された花に含みを持たせる。偲ぶ会に招待された一人。

雄太の取引先の社員/内田ちよみ(33)・・・紺野まひる

雄太の取引先の社員/内田ちよみ(33)・・・紺野まひる

雄太の取引先、藤谷商事の社員。品のいいキャリアウーマンかと思いきや、すぐにキレて、口が悪くなり、花枝を驚かせる。面倒くさいことを嫌う今どきの若者。偲ぶ会に招待された一人。

雄太の幼馴染/今川 初(57)・・・阿知波悟美

雄太の幼馴染/今川 初(57)・・・阿知波悟美

雄太の幼馴染であり自称40年来の愛人。豪快な性格で、雄太の遺産を狙っていることをあっけらかんと口にする。偲ぶ会に招待された一人で、会を自分のペースで進めていく。

“有香園”社長/松本 雄太(57)・・・梅沢富美男

“有香園”社長/松本 雄太(57)・・・梅沢富美男

大手園芸会社“有香園”社長。突然の事故で亡くなるが、妻と4人の愛人に向けて意味深な短歌を遺していた。5人の女性のバトルの根源となる罪深い存在。