『おかげ様で!』|メッセージ

加藤竜彦役 NAOTO

本当に“おかげ様で”(笑)、こうして無事に撮影最終日を迎えることが出来ました。

自分の演技はまだ未熟ですが、堤監督を始めとしたスタッフやキャストの皆さん、名古屋の皆さんが本当に温かく、現場の空気が良かったので、最後まで凄く楽しくやらせていただくことができました。

自分は名古屋出身ではありませんが、この作品を通して名古屋により深く触れられたので、今“名古屋愛”というのが生まれていて、(名古屋を)第二の故郷のように感じています。本当にこの作品に出演できて光栄に思います。

監督 堤 幸彦

“おかげ様で”なんとか1週間で撮り終えることが出来ました。

JCの皆さん、CBCの皆さんを始めとして、東京から来たチーム、現地のチーム、そして我々名古屋出身者も含めて皆が「名古屋を盛り上げよう!」と一つになり、非常に良い雰囲気で撮影できたことがとても印象的でした。

そしてNAOTOさん水沢奈子さんというフレッシュな二人が演じる、なんとも言えない“奥手なLOVE”は、とても名古屋的で良いなぁと思いましたし、見ながらちょっとドキドキしました(笑)。

名古屋を愛し、家族を愛し、自分の人生を自分の手で決めていく二人の成長ぶりみたいなものが、良い形で撮れたんじゃないかと思っています。是非、期待していただきたいです。

また今回、名古屋は古いものと新しいものが同居している街なんだなということを改めて実感しました。“きしめん”という食べ物を通して、この土地が持つ温かさやパワーを、もう一度見直していこうじゃないかというテーマ性をはっきり打ち出せたと思っています。

仲村麻衣役 水沢奈子

“おかげ様で”(笑)で、最終日を迎えることが出来ました。私は名古屋出身なので、地元のCBCさんのドラマに出演させていただけたことを、本当に嬉しく思っています。

名古屋城や名古屋港水族館など、遠足で行ったことがあるような本当に身近な場所で撮影することができたので、「名古屋に守られてる感」一杯に、凄く安心して撮影に臨むことが出来ました。是非、多くの名古屋の方に観ていただけたらなと思います。