共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る

BACKSTAGE(バックステージ) ”挑戦”に秘められたこだわりと仕事愛

CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット
毎週日曜よる11時30分

NEXT

2021年9月19日 よる11時30分放送
第124回

アイデア商品で年間売上44億!ヒット連発の秘密に迫る

寝ながらパソコン作業ができる「仰向けごろ寝デスク」や、「口臭チェックもできるボールペン」などのアイデア商品で、ヒットを連発しているのが「サンコー」。会社のモットーは「面白くて役に立つ」。単にユニークなだけの商品を狙うのではなく、きちんと使える「実用的」なものを開発し、年間売上44億円を突破。急成長を遂げた会社です。
これまで「自家製焼き鳥メーカー」などのヒット商品を開発した担当者に密着。現在開発中の商品は脱衣所で使う「乗れる扇風機」。会議を重ね、工場への試作機発注を行い、風力や風向きを調整するなど、商品化されるまでの試行錯誤の日々を追います。
会社が急成長を遂げた背景には、社員だけでなくアルバイトスタッフ含む全員に「生活するなかで困っていること」を毎週投稿してもらうシステムが!さらに500点以上の商品のなかから「社員がガチで愛用する商品BEST3」も紹介する!

井口綾子

見逃し配信

2021年9月12日(日)放送

危険なハチの巣駆除に2人で挑む“夫婦ハチハンター”に密着!

静岡県掛川市の内山さんご夫婦はハチの巣駆除の依頼に、いつも2人で現場に駆け付ける“夫婦ハチハンター”。夫婦だけにコンビネーションは抜群。夫の周士(ただし)さんが防護服に着替えている間、妻の千沙都(ちさと)さんは脚立やライトなど必要な道具をスピーディーにスタンバイ。千沙都さんは、依頼に応じて駆除用の網を自作するなど夫をサポートしながら、時に自ら危険なハチの巣駆除も行う。
「庭の草刈り中に、ハチに刺されたが巣が見つからない」という依頼に、ハチの巣を探すところから始める2人。一体どうやってハチの巣を見つけ、駆除していくのか?さらに、取りにくい場所にできた巨大なハチの巣を、千沙都さんが小窓から身を乗り出して駆除する。危険なハチ駆除を夫と行う妻の思いとは?

武井壮
生見愛瑠

◆危険なハチの巣駆除を2人で行う“夫婦ハチハンター”に密着
◆「どこにあるかわからない」ハチの巣を探す!見つけた意外な場所とは?
◆物干し場にできたアシナガバチの巣を、一網打尽に!そのワイルド過ぎる方法!
◆取りにくい場所にできた超巨大なハチの巣駆除に!妻が身を乗り出し挑む
◆危険なハチに夫婦で立ち向かう、その理由とは?

ARCHIVE

Locipo(ロキポ)

MC

武井 壮
僕はこの番組に登場する方たちの仕事ぶりを見て、仕事そのものに対する姿勢はもちろん、仕事に向かう「準備」が何よりも大事だということを、改めて感じました。
僕自身も、毎日1時間ずつ、トレーニング、技術習得、学習の計3時間を日課にして、毎日自分史上最高の状態で仕事の現場に入るための準備をしていますが、とても刺激を受けています。
自分の様々な経験を織り交ぜたコメントやトークで、皆さんの『仕事愛』に負けない素敵な番組にしていきたいと思います!

NARRATOR

花澤香菜
こういった”お仕事”番組のナレーションをレギュラーで担当させていただくのは初めてなので、とてもうれしい気持ちです。そしてこれから、様々な素敵なお仕事をされている方々に出会えるのだと思うと、楽しみで仕方ないです! よろしくお願い致します!

CONCEPT

私たちの生活を陰で支える
さまざまなお仕事を深堀り!

働く人たちが日々“挑戦”する姿に密着し、
その道のプロならではのこだわりや
仕事への熱い思いを描き出す!

pageup