• これまでのブログ
  • RSS FEED

ゴルフ新時代っ!

ゴルフに新ルール!

ボクなんかにも朗報っ!?


『せっかく打ちっぱなしで練習してきたのに、いざ、コースに出ると、バンカー地獄で周りにご迷惑掛けるのが。。』

なんて心配ばかりしている一方で、

わずかでもドライバーが真芯を食って、めちゃ当たりすると嬉しくてたまらない!

そんなレベルのボクまで含め、プロゴルファーからキッズまで、全てのプレイヤーのための世界共通の新ルールが生まれます。

昨日、東京品川でのジャパンルールセミナーに参加してきました。
世界のルールを統括するイギリスのR&Aがわざわざ日本でも開いてくれた説明会です。

ゴルフの原点、
『誠実で、公平』

というマナーやエチケットの歴史はそのままに、20もの新ルールが、年明けから始まります。

そもそもゴルフは、ルールが複雑で敷居が高く、ゴルフ場まで遠い。プレー時間も4時間あまりと長く、お金もかかりそう。これでは家庭サービスができない。。。というところから、最近はプレイヤー人口が増えてにくいそうです。たしかに!

そこで、できるだけ

スピーディーに!
シンプルに! 

という狙いなんです。

主だったポイントは、

①この写真のような、打てなくなった場所からの救済、ドロップの方法。これまでは、肩の高さからだったのが、膝の高さからボールを落とすことに変わり、何度もやり直したりする仰々しさがなくなりました。

それと、

②バンカー地獄に陥って、自分の背丈より高い絶壁から脱出必至。何度打っても出せず、グリーン上の先輩を待たせてはいけない!と、ますます悪循環なんてことがありますが、

バンカー内の別の場所から打ち直すならプラス1打。バンカーの外から打つならプラス2打(2打罰)ということも選べるように。

もちろん、それを克服するのが、あるがままのゴルフだ!というかたはどうぞ。

そして、

③いわゆる池ポチャ。

せっかく素晴らしい弾道で距離も最高!だったのに池へバシャ!

ということも、ときどき、いや、結構あります。

これについても、池などを『ペナルティーエリア』と呼ぶようになり、打った方向の池の入り口まで、わざわざ歩いて戻って!ということが無くなりつつあり、池の横の各状況に応じた救済エリアから1打罰で打てることになりそうです。

 

などなど20の新ルール、スムーズで分かりやすいプレーへ。

さっそく年明けのゴルフ場の予約、入れちゃいました。
新ルールに合わせ、新ウェアも買いましたぞ!

PAGE TOP