• これまでのブログ
  • RSS FEED

与田投手の前の新人セーブ記録

昨日の「ドラ魂KING」、ドラゴンズ・クラシックスのコーナーでは、

与田投手について取り上げました。

1990年、ルーキー・与田投手がマークした31セーブは、

当時の新人最多セーブ記録でした(2015年にDeNA・山崎康晃が更新)。

では、誰の記録を更新したのか・・・?


 

答えは、山内嘉弘投手(阪急)の11

近畿大学から阪急に入団した山内投手は、

ルーキーイヤーの1988(昭和63)年、

7月にストッパーに定着すると11セーブをマークしました。

 

与田投手はこの記録を大幅に更新したことになります。

当時は、チーム完投数が20、30あるのは当たり前。

分業制が導入されてはいたものの、まだまだ先発・完投が主流の時代でした。

このあたりから、本格的に投手分業制が進んだと言えるかもしれません。

PAGE TOP