• これまでのブログ
  • RSS FEED

【日めくりドラゴンズ】11月18日

2005年11月18日は・・・


2005年のきょう、大学・社会人ドラフト会議が行なわれ、

ドラゴンズは、

希望入団枠でトヨタ自動車の吉見一起投手を指名しました。

ということで、

きょうは吉見投手のプロ初勝利を振り返ります。

 

2006年9月18日。

優勝争いの最中、横浜スタジアムでのベイスターズ戦で

吉見はプロ初先発のマウンドに上がりました。

初回、いきなりピンチを招きますが、なんとか切り抜けると、

2回、3回もゼロに抑えます。

すると4回表、

ウッズが3ランを放ち、吉見に先制点をプレゼントします。

直後の4回ウラ、小池に2ランを浴びますが、

5回表には井端がソロを放ってリードを広げ、

吉見は勝利投手の権利がかかる5回のマウンドに上がります。

「2アウトランナー二塁です。4-2、ドラゴンズリードは2点です。
 5回ウラ、ベイスターズの攻撃。2アウト二塁。
 マウンド上の吉見がセットに入った。
 フルカウントからラストボール、6球目。投げました。

 スライダー打ちました、レフト方向に上がった。
 レフト下がっていく、しかし余裕がある。
 井上こちら向き、シングルハンドキャッチ。捕りました。
 レフトフライで3アウト。セカンドランナー残塁。

 5回を2失点。勝ち投手の権利を得た吉見が、
 小走りで三塁側ダッグアウトに戻っていきます。」(角上アナ)

5回を投げきり、勝ち投手の権利を手にします。

6回からは継投策。鈴木-小林-岡本とつないで、最後は岩瀬。

「2アウトランナー一塁。2エンド1から投球が5球目。
 マウンド上の岩瀬がセットに入った。
 2エンド1、投球第5球を投げました。

 外、空振り!試合終了!6-4、ドラゴンズ勝ちました!
 プロ初先発、吉見。プロ初勝利おめでとう!」(角上アナ)

吉見はプロ初先発でうれしいプロ初勝利。

ルーキーの好投で、

チームも優勝へのマジックナンバーを14に減らしました。

(敬称略)

 

2006年9月18日 

中日 000 310 110 =6

横浜 000 200 020 =4

(勝)吉見  (セ)岩瀬  (敗)門倉

本塁打・・・ウッズ35号、井端7号、アレックス14号
      小池6号、村田30号

この試合のラジオ中継は、

解説・小松辰雄さん、実況・角上清司アナウンサー

でした。

PAGE TOP