• これまでのブログ
  • RSS FEED

【日めくりドラゴンズ】11月16日

2016年11月16日は・・・


<柳主将、日本一で有終の美>

2016年の明治神宮大会。

東京六大学の代表、柳裕也主将が率いる明治大学が優勝し、

秋の大学日本一を勝ち取りました。

 

エースで主将の柳は、

初戦の関西大学戦に先発すると、5回無失点で勝利投手。

準決勝の上武大学戦にも中1日で先発し、勝利投手に。

(上武の一番打者が、現・阪神の島田海吏選手です)

この準決勝では、柳は投打に活躍。

投げては7回無失点。

打っては4回に2ランホームランを放ちました。

秋のリーグ戦では打率.333(18打数6安打)を記録した柳。

リーグ戦期間中にお話を聞いたとき「本気で練習してます」

と話していたバッティングで、神宮初本塁打を記録しました。

 

迎えた決勝戦。柳は3戦連続で先発マウンドに立ちました。

対する桜美林大の先発は佐々木千隼(現・ロッテ)。

ドラフト1位対決となりました。

(一番打者は、今年のドラフトで西武に指名された山野辺翔選手)

柳は連投の疲れからか、4回2失点で降板しますが、

後を受けた、柳と同じ4年生、ヤクルトから2位指名された星が好投。

5回からマウンドに上がると、桜美林大打線を沈黙させ、

8回にはなんと自らホームランを放って、勝利を呼び込みました。

 

明治大学では、川上憲伸さん以来となる投手での主将を務めた柳。

チームをまとめると共に、

自らも春6勝、秋5勝を挙げて、チームを春秋連覇に導きました。

星野仙一、川上憲伸と受け継がれてきた、

明治のエース兼主将からドラゴンズに1位入団、という系譜を継ぐ柳。

ここまでプロ2年間では3勝。

来シーズンこそ活躍を期待します!

 

2016年11月16日 明治神宮大会 決勝

桜美林大 200 000 000 =2

 明治大 000 040 01x =5

(勝)星  (敗)佐々木

本塁打・・・星1号

PAGE TOP