• これまでのブログ
  • RSS FEED

【日めくりドラゴンズ】9月30日

2009年9月30日は・・・

「ナゴヤドームのグラウンドに、いつもと違う光景があります。

 6番・ファースト、立浪。4番・ライト、ブランコ。

 立浪和義選手が、

 22年間の現役生活にピリオドを打つことを決意した、

 きょう、ナゴヤドームでペナントレース公式戦最後のゲーム。

 なんと、プロで初めて、

 ファーストの守備に就いています。」(伊藤アナ)


<ミスタードラゴンズ、有終の美>

本拠地最終戦となったジャイアンツ戦。

ミスタードラゴンズ・立浪選手の引退試合となりました。

6番・ファーストでスタメン出場すると、

2回の先頭でまわってきた第1打席
「第4球を投げました。打ちました。
 一、二塁間のゴロ。抜けた!ライト前ヒット!
 2478本目のヒットを打ちました!」
ライトへのヒットを放ちます。

第2打席にはショートの頭上を越えるヒット。
「第6球を投げました。打ちました。
 ショートオーバー、越えた!センター前ヒット!
 立浪、きょう2本目のヒット!2アウトランナー一塁。
 ライトへシングル、そしてセンターにもシングル!
 2打席連続のヒット!やはりファンの期待に応える男!」
バットを折りながらもセンター前に運びました。

 

そして最終回に回ってきた第4打席

「バッターは立浪。スタンドには無数のフラッシュの光。
 そしてドラゴンズファンは、
 外野スタンド総立ち、内野スタンドのお客さんも立っています。
 1ボールから、投球2球目。第2球を投げた。

 打ちました!右中間だ!打球はフェンスに向かって伸びていく!
 ワンバウンド!ヒットになりました!
 ファーストランナー・平田は、
 二塁をまわって三塁まわってホームへ向かう!

 ツーベースヒット!!タイムリーツーベース!!
 立浪によく似合うツーベース!現役最後の2480本目のヒットは、
 生涯、プロ野球史上最もツーベースを打った男に似合う、
 プロ1本目と同じ、ツーベースヒットでした!」

引退試合にして猛打賞という華々しい活躍。

通算2480本目のヒットは、

立浪選手の代名詞とも言えるツーベースヒット。

自らの持つ記録を更新する通算487本目の二塁打でした。

(敬称略)

 

2009年9月30

巨人 220 200 000 =6

中日 100 000 001 =2

(勝)オビスポ  (敗)川井

本塁打・・・ラミレス31号

この試合のラジオ中継は、

解説・高木守道さん、実況・伊藤敦基アナウンサー

でした。

PAGE TOP