• これまでのブログ
  • RSS FEED

【日めくりドラゴンズ】8月29日

2017年8月29日は・・・

「打ちました。一・二塁間破った!ライト前のヒット!

荒木、三塁をまわる!ボールが返ってくる!

さぁどうか、滑り込んで。タッチは・・・セーフ!」(高田アナ)


<空飛ぶ荒木。激走ホームイン。>

ナゴヤドームでのベイスターズ戦。

初回、宮崎の満塁ホームランで4点のビハインドを背負うも、
中継ぎ陣の踏ん張りもあり、じわじわと追い上げます。

1点ビハインドの8回。
左腕・エスコバーから1死三塁のチャンスをつくると、
この日2安打の高橋に代えて、荒木が代打に送られます。

3球目を捉えると、詰まりながらもレフト前に落として同点。

さらに荒木はバントで二塁へ進み、
2死一・二塁から京田の当たりはライト前へ。

前進守備のライト・梶谷が捕球したとき、荒木はまだ三塁手前。

しかしコーチの腕はグルグル回ります。

三塁を回って加速した荒木は、

ホームベース手前で、宙を舞いながら頭から突っ込み、

タッチをかわしながら片手でホームベースに触れ、生還!

「いやぁ今の荒木のスライディング。」(高田アナ)
「飛んでますね。」(小松さん)
「飛んで、外から回り込んで、手だけタッチ。」(高田アナ)
「あれは荒木ならではのスライディングですよ。」(小松さん)

黄金時代をほうふつとさせる走塁で、勝利をもぎ取りました。

(敬称略)

入社1年目の私は、ナゴヤドームで実況練習をしていました。

三塁を回ってホームに向かう荒木選手の姿は、

2011年のあのシーンと重なり、

必ずセーフになるという確信がありました。

かつての強かったドラゴンズを思い出し、

涙がこぼれた方もいたのではないでしょうか。

 

2017年8月29日

DeNA 420 000 000 =6

中 日 300 200 00 =7

(勝)又吉 (セ)田島 (敗)エスコバー

本塁打・・・宮崎11号、ゲレーロ32号

PAGE TOP