ドラの巻【CBCドラゴンズ情報】

恐竜復権―2018年に向けて始動する中日ドラゴンズをCBCテレビ、CBCラジオではさまざまな番組、企画で特集します!

目ヂカラ川上憲伸さんとダメ出し赤星憲広さんがドラゴンズキャンプをチェック!

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
目ヂカラ川上憲伸さんとダメ出し赤星憲広さんがドラゴンズキャンプをチェック!
【プロ野球おやじ戸井康成の「おっサンドラええがや」】


CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム

日本中が羽生くんの復活金メダルと、宇野くんの銀メダルに湧く日曜午後。感動の涙で少々塩っぱくなったインスタントラーメンを食べながら、今週もサンドラ視聴。

スタジオには初の沖縄キャンプ取材から帰って来た川上憲伸さんと、お馴染み赤星憲広さん。

先ずは憲伸さんの「KKチェック」
いちいちカメラ目線になる時の目ヂカラが強いっす!

勿論投手陣をチェック!
期待値の高いドラ1トリオから。
・小笠原→「ストレートに拘っていい。」
・鈴木翔→「体幹がブレていない。不安なく腕が振れている。」
・柳→「低めへのコントロールが生命線。リリースポイントを安定させろ。」とそれぞれコメント。中でも鈴木翔太の投げっぷりには驚いた様子。

若狭アナから
「出来ればこの3人で30勝を!」とリクエストが出ると、
「30勝?期待ではなくノルマでしょ!」とさすが魂のエース!ファンの気持ちわかってますね?。

続いて気になる2人の投手を。
・又吉→「順調。肘が上がっていていいフォーム。」
・ジー→「日本のスタイルに合っている。低目に集めて打たせて取れれば1年間活躍できる。」

その他、吉見・大野・松坂・鈴木博にもコメント。もっとも気になる岩瀬については来週特集との事。仲良し2人の対談、待ち遠しいですなぁ。

初の沖縄キャンプリポート、憲伸さんしっかり満喫…いやいや、たっぷり取材出来たみたいですね。

続いて「赤星チェック」は野手陣。
しかも、チームの要【センターライン】に拘って3人をピックアップ!

まずは、FA移籍・大野奨太捕手。
のっけから赤星さん、
「強いチームの捕手は100試合出てもらわないと…。」とハードルアゲアゲ。更に、ドラ投手陣のイメージも大野奨に聞き出すと
「丁寧に投げてくる投手が多い。面白い。」
これはセリーグとパリーグの野球の違いか?それとも日ハムと中日の違いなのか?確かに中日には165キロを投げる二刀流はいないもんね?。自称・166キロ投げる外国人は2軍で日向ぼっこして、一年で帰ったけど…。
丁寧なピッチングを上手にリードしてもらいましょう!

続いて不動のセンター・大島洋平選手。赤星さんから目標を聞かれると
「1年フル出場と何かタイトルを。」
確かに、ここまで無冠ってのが信じられないっすもん、今年こそそろそろね!

そしてラストは、京田陽太選手。昨シーズン中の「夢対談」の時から何かと注文?していた赤星さん大好物?の京田。早速2年目に向けて質問が飛ぶと
「昨年以上の成績を。ただ不安ですね。」と京田。そこに2人の関係性が見られるよね?。的確なアドバイスをくれる先駆者に思わず本音が出ちゃった感じか。続けざまに盗塁の数を聞かれ、
「30個以上」と答えると、
AS SOON AS、
「ダメです。40個にして下さい」と赤星さん。強目のダメ出し!いいねいいね!勿論、その為に出塁率を上げる事をアドバイスしてくれました。あざっす。

とまぁ憲伸さん、赤星さん共にそれぞれのチェックポイントを紹介してくれましたが、先週に引き続き今年の沖縄キャンプ、概ね順調な様ですね。選手の皆さんも疲れが溜まる頃。怪我なく完走して下さいませ。

【CBCラジオドラ魂キング】金曜担当・お茶の間代表野球ファン戸井康成(19日11:12)

あわせて読む

pageup