CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/6/14 15:13

ロシア大会の活躍に期待‥山口蛍選手寄贈のユニホームを三重県庁で展示

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 14日夜、開幕するサッカーワールドカップロシア大会に出場する三重県名張市出身の山口蛍選手のユニホームが、三重県庁で展示されています。

 2大会連続でワールドカップの日本代表に選ばれた山口蛍選手は、三重県名張市出身の27歳で、現在は、Jリーグのセレッソ大阪に所属しています。

 山口選手は、日本代表に選ばれた翌日に、自身のユニホームやスパイク、サインの入りの色紙やボールなど4点を、三重県に寄贈し、12日から三重県庁1階のホールに展示されています。

 山口選手は、「育ててくれた三重県に感謝の気持ちを伝えたい」とメッセージを寄せています。

 これらは、6月22日まで展示されています。(14日11:59)