CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/6/11 15:26

新幹線車内の殺傷事件の容疑者 家出後にカード使い祖母の年金を引き出す

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 新幹線の車内で、乗客3人がナタで襲われ、死傷した事件で、逮捕された男は、去年、「自殺する」と言って家出し、祖母の年金を引き出して暮らしていました。

 殺人容疑で、11日朝送検された愛知県岡崎市の無職、小島一朗容疑者(22)は、9日午後10時前、東海道新幹線の車内で、会社員の男性をナタで切りつけて殺害したほか、女性2人にケガをさせました。

 警察の調べに対し、「むしゃくしゃしてやった」などと話しているということです。

 小島容疑者は、両親と折り合いが悪く、(愛知県)岡崎市に住む祖母の養子になりましたが、去年12月、「自殺する」と言って家を飛び出していました。

 「自殺するためにロープと紙おむつを持って出かけた。家出するときに一銭もないと飢えて死ぬから、私の年金(のカード)をあげた。
 70万円くらいあったかな。最終的には、30万円も40万円もいっぺんに下ろしていた」
  (小島容疑者の祖母)

 警察は、計画的な犯行だったとみて、さらに追及する方針です。(11日11:56)