CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/5/15 12:07

トイレに金塊隠し密輸を 主犯のスリランカ国籍の男ら起訴内容認める

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 去年、飛行機のトイレに金塊を隠して密輸しようとしたとして、5人が逮捕された事件で、主犯とされるスリランカ国籍の男ら2人が、初公判で起訴内容を認めました。

 15日初公判があったのは、名古屋市港区の中古車販売店社長で、スリランカ国籍のムハメッド・ラフイーク・ムハメッド・リザニ被告(48)ら2人です。

 2人は、去年7月、日本人の男らと共謀し、台湾発中部空港行の飛行機のトイレに、金塊5キロ、2300万円相当を隠して密輸しようとした関税法違反などの罪に問われています。

 15日の初公判で2人は、「間違いありません」と起訴内容を認めました。

 続く冒頭陳述で検察側は、「密輸をするにあたって、予めチョコレートを金に見立てて、隠しやすい場所を探すなどしていた」などと指摘しました。(15日11:54)