CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/1/12 18:24

センター試験前に後輩が「水ごり」で応援

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 いよいよ13日から大学入試のセンター試験が始まります。

 岐阜市の高校では、受験生を応援しようと、寒空の下、応援団が冷たくて熱いエールを送りました。

 気温3.7度の寒空の下、応援団のエールを受けるのは、センター試験を13日に控えた3年生。

 100年以上の歴史を誇り、岐阜県内有数の進学高でもある県立岐阜高校で脈々と受け継がれる行事です。

 そのかたわらには、なぜか水の入ったバケツが…そして。

 「先輩たちの健闘を祈って、水をかぶらせていただきます」
  (応援団員)

 1、2年生の応援団が冷たい水をかぶる「水ごり」をして3年生を激励するのが伝統になっています。

 本来、心身を清めるために行われる「水ごり」ですが、受験に向けて気合を入れてもらおうと取り入れられたといいます。

 応援団員は、寒さを吹き飛ばすような気合で演舞を披露し、力強いエールを送りました。

 「(先輩たちが)僕たちの応援を見て、センター試験で本気出してしっかりとやっていただければ嬉しい」
 (2年生の応援団長)

 後輩のエールを受けた3年生は、

 「勇気が出たのでがんばりたいと思います」
 「不安でいっぱいだけど、前向きな気持ちになりました」
  (受験生)

 12日に水をかぶったのは、全て1、2年生。
 3年生は、受験に備え、温かい格好で見守ったということです。(12日17:49)