CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2017/10/13 11:56

生きた化石『パラオオウムガイ』の展示

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 パラオ共和国に生息し、模様が美しいことで知られる『パラオオウムガイ』の展示が、三重県の鳥羽水族館で始まりました。

 生きた化石と呼ばれ、模様が美しくオウムガイの中で最も大きくなることで知られる『パラオオウムガイ』。

 先月パラオ国際サンゴ礁センターの協力を受け、水族館のスタッフがおよそ10日間をかけ、現地の海で捕獲し持ち帰りました。

 これで鳥羽水族館では、オウムガイとオオベソオウムガイ、それに今回の『パラオオウムガイ』の3種類を観察することができます。

 鳥羽水族館では、これまでにオウムガイの繁殖には成功していて、今後『パラオオウムガイ』の繁殖にも力を入れたいと話しています。(13日11:56)