若玉丼・わかめとちくわのごま酢みそあえ

●若玉丼

だし汁でさっと煮た新わかめと、とろとろの卵が相性のよい、色も春らしい丼。やさしく上品な味わいです。

●わかめとちくわのごま酢みそあえ

やさしい味わいの丼には、みそが濃厚な副菜を。「若玉丼」で切りとったわかめの茎があればぜひ使って、シャキシャキとした食感を楽しんでください。

190316.jpg

エネルギー:453kcal 塩分:2.0g

放送日

2019年3月16日

講師

こてらみや先生

材料(4人分)

若玉丼

ごはん(温かいもの)丼4杯分
わかめ(塩蔵)20g
6個
だし汁320ml
みりん大さじ2
淡口しょうゆ大さじ2と1/3
片栗粉小さじ2
(同量の水で溶く)
粉山椒少々

わかめとちくわのごま酢みそあえ

わかめ(塩蔵)10g
わかめの茎(あれば)適量
ちくわ2本(70g)
長ねぎ1/3本(30g)
すり白ごま大さじ1
砂糖小さじ1
みそ大さじ1と1/3
小さじ2

作り方

若玉丼

1
わかめは塩を洗い流し、1〜2分水につけてもどす。茎の固い部分があれば除き、2cm幅のざく切りにする(茎の部分は「わかめとちくわのごま酢みそあえ」に使うのでとりおく)。
2
フライパンにだし汁、みりん、淡口しょうゆを入れて火にかけ、煮立ったら水溶き片栗粉をまわし入れて、軽くとろみをつける。
3
2にわかめを入れ、ひと煮立ちしたら溶きほぐした卵をまわし入れる。ゴムベラを使ってフライパンの底からゆっくり混ぜ、卵がとろりと固まってきたら火からおろす。
4
器にごはんを盛り、3をかけ、粉山椒をふる。

わかめとちくわのごま酢みそあえ

1
ちくわは長さを3等分にして細切りにし、長ねぎはちくわと同じくらいの長さに切り、縦4〜6等分にする。
2
わかめは塩を洗い流し、1〜2分水につけてもどし、3cm幅に切る。
3
長ねぎ、わかめ、わかめの茎はさっとゆでてザルに上げ、うちわであおいで冷ます。
4
すり白ごま、砂糖、みそ、酢を合わせ、なめらかになるまでよく混ぜ合わせる。ペーパータオルで水気をおさえた長ねぎとわかめ、ちくわを加えてあえる。