鶏胸肉のねぎ塩だれ

ねぎやしょうが、ごまのおいしさがなじんだたれをたっぷりとかけて。パサつきがちな鶏胸肉は、じんわりと火を入れるとやわらかい仕上がりになります。

190201.jpg

エネルギー:215kcal 塩分:1.8g

放送日

2019年2月1日

講師

まきまさ美先生

材料(4人分)

鶏胸肉(皮なし)2枚(250g×2枚)
長ねぎ1と1/2本(150g)
しょうが2かけ
小さじ1/2
4カップ
大さじ3
昆布茶大さじ1
ごま油小さじ4
すり白ごま大さじ1と1/2
スプラウト適量

作り方

1
鶏肉は室温にもどす。
2
長ねぎは青い部分をつぶし、残りはみじん切りにする。しょうが1かけはつぶし、残りはみじん切りにする。
3
ボウルにみじん切りにした長ねぎとしょうが、塩を入れ、よく混ぜておく。
4
直径18cmほどの鍋につぶした長ねぎとしょうが、分量の水、酒、昆布茶を入れて火にかけ、沸騰したら鶏肉を入れる。落としぶたと鍋ぶたをして弱火にし、2分加熱して返し、火を止める。ふたをして15分ほどおいて余熱で火を通し、とり出す。
5
34の鶏肉のゆで汁大さじ3とごま油、すり白ごまを加えて混ぜる。
6
鶏肉を5〜6mm厚さのそぎ切りにして器に盛り、5をかけ、根元を落としたスプラウトを添える。