ぶりにら炒め

脂がのった旬のぶりが主役。強めの火加減で皮目から香ばしく焼くのがコツ。にらの食感が残るように仕上げます。

190129.jpg

エネルギー:283kcal 塩分:1.1g

放送日

2019年1月29日

講師

まきまさ美先生

材料(4人分)

ぶり4切れ(320g)
(酒、しょうゆ各小さじ2)
にら1わ(100g)
長ねぎ1本(120g)
豆板醤小さじ1/2
オイスターソース大さじ1
大さじ2
おろししょうが小さじ2
ごま油小さじ1
●片栗粉、油

作り方

1
ぶりは骨があれば除き、3等分のそぎ切りにし、酒としょうゆをかけて10分ほどおく。
2
にらは4cm長さに切り、葉元と葉先に分ける。長ねぎは斜め薄切りにする。
3
オイスターソース、酒、おろししょうがを混ぜ合わせる。
4
ぶりの水気をふき、片栗粉大さじ1と1/2をまぶす。
5
フライパンに油大さじ1/2〜1を熱し、ぶりの皮目を下にして並べ、強めの中火で返しながら焼き色をつけて火を通し、とり出す。
6
5のフライパンの油をふき、油大さじ1/2、長ねぎ、にらの葉元を入れて炒め、少ししんなりしたら豆板醤を加えてひと炒めする。ぶりを戻し入れ、3を加えて火を強めて混ぜ、にらの葉先も加えて炒め合わせ、ごま油を加える。