肉骨茶(バクテー)

スパイスをふんだんに使い、骨つき肉をやわらかく煮込んだシンガポールの定番メニュー。スパイスはもちろん、にんにくやしょうがも使うので、体が芯から温まります。

190111.jpg

エネルギー:305kcal 塩分:1.8g

放送日

2019年1月11日

講師

まきまさ美先生

材料(4〜6人分)

豚スペアリブ12本(600g)
にんにく1個
厚揚げ2枚(250g)
八角1個
シナモンスティック1本
クローブ10個
粒黒こしょう小さじ2
しょうがの薄切り5枚
赤唐辛子1本
砂糖小さじ1
鶏ガラスープの素大さじ1/2
小さじ1
しょうゆ小さじ1

作り方

1
鍋に湯を沸かし、スペアリブを1分ほどゆでて水にとり、水気をきる。
2
だしパックに八角、シナモンスティック、クローブ、粒黒こしょう、しょうが、種をとった赤唐辛子を入れる。
3
鍋に水1.7Lとスペアリブ、2、砂糖、鶏ガラスープの素を入れて火にかける。煮立ったら弱火にし、アクと脂を除きながら、20分煮る。
4
3に塩を加え、さらに20分煮る。
5
にんにくは1かけずつにばらし、ヘタを切り落として皮ごと使う。厚揚げは熱湯をかけて油抜きをし、食べやすい大きさに切る。
6
45を加えて、スペアリブがやわらかくなるまで20分ほど煮て、しょうゆを加える。