2014年10月22日(水)のOAは…

過去のOA一覧ボタン

日刊スマイル

名店の味を自宅で再現シリーズ
四川飯店 菰田総料理長が教える!
「やわらかジューシー酢豚」

大人気!名店の味を自宅で再現シリーズ!
今回のテーマは、中華料理の定番「酢豚」酢豚は家で作ると「豚がカリッとならず、肉も固い」「タレがお肉とうまくからまない」など、なかなか上手くいかないものです。
そんなお悩みをもつ奥さまのために、四川飯店総料理長「菰田欣也」シェフが立ち上がる!
家庭で出来る「やわらかジューシー酢豚」とは!?

四川飯店直伝!「やわらかジューシー酢豚」

【材料(2人分)】
豚バラ肉(スライス)・・・10枚(200g)
玉ねぎ・・・3分の1個  ピーマン・・・1個
干しシイタケ・・・2枚(あらかじめ水に戻しておく)
塩・・・少々 こしょう・・・少々
揚げ油・・・適量 片栗粉・・・適量

A(タレの材料)
上白糖・・・大さじ3 酢・・・大さじ3 水・・・大さじ3
ケチャップ・・・大さじ3 レモン果汁・・・大さじ1
片栗粉・・・小さじ1と3分の2

【作り方】
(1)豚バラ肉を10cmほどの長さに切り、バットなどに広げ、塩・こしょう(各少々)を振り、
軽く手で押してなじませる。
肉を1枚ずつ端から丸めて団子状にする。
ポイント・・・豚バラ肉を使う事で火の通りも早く、柔らかく仕上がる。
(2)玉ねぎ、ピーマンは一口大の角切りにし、干しシイタケは、水に浸してしっかり戻し、
一口大に切る。
(3)ボウルにA(タレの材料)を合わせておく。
(4)(1)の肉に片栗粉をしっかりまぶしつけ、霧吹きで水を吹きかけて、表面を湿らせ、
再び片栗粉をつける。
ポイント・・・肉に粉がしっかりついていないと、揚げた時に中の水分が溶け出てしまうため、
ジューシーにならない。

(5)フライパンに、肉団子の半分の高さになるくらいの量のサラダ油を熱する。
160℃ほどの中温から(4)の団子を入れて揚げていく。
火が通ってきたら、玉ねぎとピーマンも入れ、手早く網で上げて油を切る。
(6)(5)のフライパンの油をあけ、(3)を入れて火にかけ、
とろみがついてきたら(5)の材料を戻し入れ、シイタケも加えて混ぜる。
全体にタレがよくからんだら出来あがり!


過去のOA一覧ボタン