アーカイブ

第258回(5/28) ネイチャースイートソース

ゲンキリサーチャー:ザ・たっち
ドクター:市原淳弘
ゲンキスチューデント:IMALU

今話題のアイテム「ネイチャースイートソース」。聞きなれない言葉ですが、甘いのに低カロリーで血糖値が上がりにくく、高血圧予防や免疫力アップの効果があるという自然由来の天然甘味料です。今回はそんなネイチャースイートソースの正体、そしてその健康効果について大公開します。

暮らしに身近な2つのネイチャースイートソース

まずご紹介するのは、私たちの暮らしにも身近な2つのネイチャースイートソース、メープルシロップとハチミツです。
砂糖100gと比較すると、砂糖の384キロカロリーに対しメープルシロップは257キロカロリー、ハチミツは294キロカロリーです。さらに糖度は砂糖の67.6に対し、メープルシロップは56.8、ハチミツは70.6もあります。血糖値が上昇するスピードを計った値、GI値は砂糖が109なの対し、メープルシロップは46、ハチミツは88となっています。つまり砂糖よりも甘いのにカロリーが控えめで、血糖値も上がりにくい「罪悪感のない甘味」と言えるのです。
またメープルシロップには、砂糖やハチミツと比べて余分な塩分を排出してくれて、高血圧予防につながるカリウムが豊富に含まれています。
一方ハチミツには、免疫作用を活性化してくれる効果が期待できます。

このようなネイチャースイートソースのおススメの摂り方は、砂糖の代わりに料理に使う事です。
・メープルシロップのメリット「料理にコクがでる」
メープルシロップには樹液だからこその香気成分が含まれており、ハチミツよりもコクが出るのが特長です。また肉じゃがなどを作る際に砂糖の代わりに使えば、カロリーも抑えられるのでおススメです。

・ハチミツのメリット「肉料理を柔らかくする」
ハチミツに含まれるブドウ糖と果糖は、肉の繊維に入り込み、焼いた時にタンパク質が固まるのを防ぎます。また肉を分解するプロテアーゼという酵素も含まれているため、より柔らかくなるのです。ステーキの両面にハチミツを薄く塗り、15〜20分後に焼くと柔らかく出来上がります。

飲む点滴!最強のネイチャースイートソース

飲む点滴と言われる最強のネイチャースイートソースは、日本生まれの甘酒です。広く飲まれるようになったのは、甘酒売りが登場した江戸時代。当時から疲労回復などに効果があると言われ、庶民の健康を支える飲み物だったようです。
甘酒には米麹から作るものと酒粕から作るものがありますが、米麹から作る甘酒は砂糖を一切使用しないのが特長の一つです。

甘酒にはビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖などが豊富に含まれ、発酵することでこれらの栄養がさらに吸収しやすくなっているため飲む点滴と言われています。
中でも米麹の甘酒には、食べ物を消化しやすくするペプチドという成分が多く含まれるため、これからの暑い季節の夏バテや胃もたれにも効果があります。さらに血圧の上昇を抑える効果も期待できるため、高血圧を気にする方にもおススメです。
一方酒粕の甘酒には、脂を吸着して体外へ排出する効果のあるレジスタントプロテインというタンパク質が多く含まれます。そのため肥満の解消や悪玉コレステロールを減らすことが期待できます。

・ドクターおススメ!甘酒の飲み方
甘酒の飲み方のポイントは常温で飲むこと。米麹の甘酒を温めすぎるとペプチドの効果がなくなる恐れがあり、逆に温度を下げ過ぎるとペプチドの作用が鈍ります。
また米麹の甘酒にきな粉を加えると、食物繊維が豊富になり腸内環境を良くする効果が期待できます。また女性ホルモンに似たイソフラボンも摂取できます。甘酒+きな粉は美と健康を維持するのに最も適した組み合わせと言えるのです。

※甘酒にはカロリーや糖分が含まれているため飲み過ぎには注意してください。
※酒粕の甘酒には微量のアルコールも含まれています。飲用には注意してください。