アーカイブ

第184回(11/29) 筋膜

ゲンキリサーチャー:深沢邦之

寒さと共に気になってくるのが肩こりや腰のハリ。
しかし近年、頑固なコリやハリを改善する新たな事実が明らかになりました。それが「筋膜」です。今までは誰からも注目されることはありませんでしたが、医療技術の進歩でその存在が明るみに出ると、身体のあらゆる不調が治ると一躍注目の的になったのです。
今朝はコリがすっきり、さらに老け顔や疲れ顔にも効果がある筋膜リリースの方法を大公開します。

筋膜とは?

全身のコリの原因にも、改善の秘訣にもなる筋膜。
筋膜の中で筋肉を覆っているのが筋外膜と呼ばれるもので、繊維の束がバラバラにならないように包み込んでいます。さらにその上には深筋膜というものがあり、全身を一枚のボディスーツのように覆っています。この深筋膜こそがコリやハリに影響する、近年話題の新発見のものです。
筋膜を構成するのは伸縮性のあるエラスチンと伸縮性のないコラーゲンで、スムーズに動いているこれらが何らかの影響によってねじれ、筋膜の伸縮性がなくなりコリが生じます。

例えば肩こりも、肩ばかりを使って凝るということではなく、いろいろな動きの中で他の場所からも肩に影響がきています。それは筋膜がつながっているからなのです。また姿勢によって左右の筋膜がバランスを崩し、一か所に負担をかけるということもあります。このバランスは普段の何気ないクセでも崩れてしまいます。かばんを持つ手や重心をかける足、携帯電話を持つ手など、いつも決まった方ばかり使っている人は、意識的に左右交互にするように心掛けましょう。

筋膜リリース

全身を覆う筋膜ですので、筋肉のように一か所のストレッチということではなく、繋がりの広い範囲でほぐしていくことが必要です。

【背中に効果的な筋膜リリース】

(1)肩幅に足を開き テーブルに両手をつき ゆっくり両手を前に滑らせる
30秒キープ 1日3回 慣れてきたら秒数を増やしましょう
ポイント
テーブルはダイニングテーブルぐらいの高さがオススメ
身体を90度にする

前に倒れこんだり、お尻を突き出さないように注意

【肩こり改善筋膜リリース】

(1)左足を前に出し右手をテーブルに置く
(2)左腕を天井に向かって伸ばし15秒キープ
この時、後ろの足のひざはしっかり伸ばす

(3)上げている腕の方向に顔と身体をひねり
気持ちよく感じるところで15秒キープ
指先を見るようにする事で首周りまで効果的に

(4)そのままの姿勢で右ひーブルにつけ15秒
テーブルについたひじは身体(頭と肩のライン)の内側までひねる
これを1日3セット



【顔の若返り筋膜リリース】

(1)両手を伸ばし肩の高さまで上げる
肩甲骨を押し出すように10秒キープ

(2)肩甲骨を後ろに引きつけるように
ひじはL字にして10秒キープ
ひじの高さは肩の高さ

(3)そのまま両手を上げ10秒キープ
ひじは90度をキープ

(4)目と口を大きく開けて5秒キープ

(5)腕を前に倒し、目と口を中心に集めるように5秒キープ
顔の体操は3セット



【肩から身体の側面に効果的!筋膜リリース】

(1)右手を頭 左手を背中の後ろに回し
ひじを90度曲げ 両手を反時計回りに回し30秒

(2)右足を左足の前で交差して身体を左に倒して30秒
逆も同じように 左右3セット行う