一五一会

名古屋のライバル局出身の平岡敏治氏(現ウェブ・ソーシャルメディアプランナー/ライター)が、CBCの制作番組を見て思ったことを自由に書き、約20年前の採用試験において彼を書類選考で落としたCBCに対して、ある種の御礼をするコラムである。

<コラム>番組Pは“ゾーマ”か…ロケ収録データが消え落胆する出演者に絶望の呪文『ダイジェスト』

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
<コラム>番組Pは“ゾーマ”か…ロケ収録データが消え落胆する出演者に絶望の呪文『ダイジェスト』
【コラム:ナゴヤ東新町 一五一会】

『ぼうけんのしょをつくる』

 例え数十時間やり込もうが、ファミコン版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』では“ぼうけんのしょ”が消えてしまうと、ゆうしゃの前に現れるのは、この残酷な一択のみ。

 レベル1よりもさらに手前、自らの名前をつけるところからだ。もはやこのゲーム自体が伝説であろう。

 今回のコラムは、9月28日に名古屋のCBCテレビが各ネット媒体に配信したコラム記事『ドラクエ3か! 番組ロケ“収録データ”がまさかの消失…スタッフによる復活の呪文にのけ反った』の“後編”的なものだ。

 が、前編に特段中身がないため、そのままお読みいただいても全く問題がない。

 同局が放送する深夜番組『本能Z』で、名古屋から浜松まで92キロを歩いていき、ご当地にある「すっぽんスープカレー」を探し出して、また92キロ歩いて持って帰ってくるという悲惨なロケ企画「辛ゾンドットコム」。

 現在それに挑んでいるのが、名古屋のお笑い芸人・トラッシュスターの中山真希さん。9月26日の放送で、彼の“冒険の書”とでも言うべき、ロケの収録データが消えてしまったことが明かされた。しかも、お目当ての品を見つけ、食べ、GETした周辺が全部…。

 翌週3日の放送を見ていたら、番組スタッフが急遽唱えた“復活の呪文”で起こった、その後の場面をやっていた。

 スタッフが下した判断は、「中山さんはそのまま名古屋に向かって歩き続け、データが消えてしまったシーンを、彼の相方である伊藤政臣さんが忠実に再現する」というものだった。

 突然降って沸いたお仕事に、満面の笑顔で現れた伊藤さん。彼は、今回テレビ史上極めて異例な事態が起きてしまった番組の関係者の中で、唯一楽しそうにしていた御仁に相違ない。大変熱心に取り組むお姿からは、鼻歌すら聞こえてきそうであった。

 彼のロケは朝の名古屋駅前からスタート。

 相方・中山さんが名古屋から6日間歩き続けてたどり着いた静岡・浜松市のすっぽん養殖場に、新幹線とタクシーを乗り継いで約1時間で到着すると、現地での任務を完遂し、正午前には名古屋駅前に戻ってきて解散となっていた。

 さらに、どうせならと腹をくくったらしいスタッフ。データ消失によりメンタルのHPがオレンジ色のまま回復していない中山さんに、相方が嬉々として再現したシーンをわざわざ見せに行くという抜かりない演出をしていた。惜しむらくはロケの素材管理に抜かりがあったことだ。


■番組スタッフは禁断の呪文を唱えた

そこからVTRがさらに進んでいくと、スタジオで見ていた東野幸治さんが、やおら声を張った。

「辛いな〜!この編集」

 そう。再現シーンが終わった後、番組スタッフは中山さんに追い打ちをかけるかのような禁断の呪文を唱えたのだ。

『ダイジェスト』である。

 この呪文は、VTRの時間尺が想定内に収まらなさそうな時や、収録での“撮れ高”がイマイチである時などに、主に番組で上の立場の人から発動される。

 実質、効果が今回のデータ消失と変わらない死の呪文『カット』よりはマシであるとはいえ、むしろ全てのシーンを放送してほしいくらい心血を注いでロケに挑んでいる中山さんにとっては、ずっと何倍速かで歩いている自身の姿をテレビで見るのはさぞや辛かろう。

 これも間違いなくデータ消失の影響だ。

 というのも、番組の説明によれば、浜松の収録データが消えてから、それが告げられる岡崎までの2日間、中山さんは何も知らぬまま57キロも歩いていた。だが、のっぴきならない事態を、それらよりも先に放送せざるを得なくなったため、その間2日分の素材は放送を待たずして、いわば“賞味期限”が切れてしまったのである。

 ここで、今年の7月に、この「辛ゾンドットコム」の企画が初めて放送された際、スタジオで披露された主旨説明のフリップを引用してみると、次のようになっていた。

【企画説明フリップ】
「欲しい物が何でも1クリックで届く時代…。便利な世の中になったが文明の利器は本来そこにあったはずの人間ドラマを消してしまっているのでは?

 そこで文明の利器に頼らず歩いて物を届けることでどんな人間ドラマが起こるのかを見届けようという企画」

 以上、抜粋。

 当時としては何が何だかよく分からなかったが、今改めて読んでみると予言になっていて震えた。


画像:本能Zロケ風景(C)CBCテレビ
平岡敏治(ウェブ・ソーシャルメディアプランナー/ライター)(5日12:04)

最新コラム

pageup