一五一会

名古屋のライバル局出身の平岡敏治氏(現ウェブ・ソーシャルメディアプランナー/ライター)が、CBCの制作番組を見て思ったことを自由に書き、約20年前の採用試験において彼を書類選考で落としたCBCに対して、ある種の御礼をするコラムである。

<コラム>『M−1』芸人ゆにばーす ツラすぎて出演NGの番組が名古屋にあった

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
<コラム>『M−1』芸人ゆにばーす ツラすぎて出演NGの番組が名古屋にあった
【コラム:ナゴヤ東新町 一五一会】

よく知らない言葉を調べる時、私はググらずに紙の辞書を引く。

知りたいことに到達するまでにやや時間を要するが、その過程で気になる言葉や、意味を間違えていた熟語との出会いがあるからだ。人は知りたいことだけ知ると、利口にはなるが豊かにはなりづらい。

辞書から目を上げると、テレビの『M−1グランプリ』決勝に見たことある人が出ていた。

「本能Zに出てた、川瀬名人とはらちゃんがコンビ組んで漫才やってる!」

全くお笑いに造詣の深くない私は、お二人がそもそもコンビだったとその時気づいた。確かに“ゆにばーす”川瀬名人、と呼ばれていたような気もする。

その数時間前に放送されていた同・敗者復活戦でも、同じ番組で見た屋敷さんが“ニューヨーク”の一人として大一番に臨んでいた。

それぞれ結果は残念だったものの、去年見た大会よりも私にとっては知っている方が多くいて、不思議な感覚だが得したように思えた。

27日深夜に、名古屋のCBCテレビで放送されていた『本能Z』は、そのお三方がリポーターとして出演されているコーナー『本能ザLIVE』の総集編だった。

コーナーの主旨は、スタジオMCの今田さん・東野さん世代が興味はあるけどなかなか行けない場所に芸人リポーターが潜入し、スタジオと中継を結んで紹介するというもの。

ちなみに過去の中継先が番組中でまとめられていたので、ここでも紹介すると……

(1)東海地方No.1ユーチューバーの自宅 (2)セクシーすぎる美女ダンス集団 (3)名古屋の急成長IT企業 (4)原宿インスタ聖地巡り (5)名古屋のお嬢様大学に潜入 (6)渋谷の観光名所!? ガングロカフェ (7)驚きの進化! プリ最新事情 (8)天然温泉も完備! 豪華施設の学生寮 (9)人気再燃! ツヨカワ女子集うプロレス団体 (10)名古屋のキャバ嬢御用達ヘアサロン

の10か所である。

『本能ザLIVE』のコーナーは、これら中継先の魅力や凄さを紹介することが表の要素なのだが、もう一つ、スタジオの先輩芸人たちが中継先の若手芸人をいじり倒すことから発生する見せ場が裏の要素として存在し、表裏一体の構造となっている。

今回の総集編では、その表裏に対する番組の評価や考え方がハッキリと示されていて興味深かった。

私が上記10本を過去に見た印象では、中継先の魅力を最も分かりやすく伝えていたのは、4本目のインスタ聖地をリポートしていた、ラフレクランの西村さん。元アナウンサー芸人という異色の肩書は伊達ではなかった。が、今回の総集編では唯一のオールカット。番組サイドが表でなく、裏要素を重視していることのあらわれである。

「これ結構難易度高いですよ!」

プリ機前で利用者にインタビューしていた、ゆにばーす・川瀬名人さんは、状況に関係なく話しかけてくるスタジオのフットボールアワー・後藤さんにブチギレていた。

中継先でリポートをしつつ、インタビューもこなしながら、スタジオの先輩芸人さんからの注文に答え、さらに段取りも進めていくのは、確かに難易度が高い。

現場でスピーカーからスタジオの音を出しているのであれば、リポーターを介して中継先にいる方々と絡むのでなく、直接やったほうがまどろっこしくないのに……と見ていていつも思うのだが、それではリポーターの芸人さんが生きないうえに、まんま他局の『マツコ会議』になってしまうため、避けたいところなのだろう。

つまるところ、『本能Z』はモノやコトでなく、いかに芸人さんで面白くするかという番組なのである。

メインコーナーでは“先輩芸人が後輩芸人を紹介する”という形がとられることが多いが、それは嫌らしい言い方をしてしまえば“バーター”。

また、番組制作に深く関わっている『吉本』が芸人の出番を多く作り、私たちはそれを見させられているのだ、と勘繰り始めるとリアルで身も蓋もない。

だが、それが無かったら、『M−1グランプリ』決勝の一番手で奮闘していた“ゆにばーす”のお二人の、コンビだからこその良さにも気づけなかっただろうし、敗者復活戦での“ニューヨーク”の様子を見ても「あれ、本能Zの時よりおもろいわー」とも思えなかったはずだ。

自分が知りたいことや見たいものだけに触れて生きていくよりも、時には意図しない発見もして新たな刺激を受けた方が、人生は豊かになりそうである。

平岡敏治(ウェブ・ソーシャルメディアプランナー/ライター)(14日03:05)

最新コラム

pageup