一五一会

名古屋のライバル局出身の平岡敏治氏(現ウェブ・ソーシャルメディアプランナー/ライター)が、CBCの制作番組を見て思ったことを自由に書き、約20年前の採用試験において彼を書類選考で落としたCBCに対して、ある種の御礼をするコラムである。

<コラム>過酷ロケで視聴者が助けにやって来る男…名古屋芸人・トラッシュスター中山真希をご存知か

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
<コラム>過酷ロケで視聴者が助けにやって来る男…名古屋芸人・トラッシュスター中山真希をご存知か
【コラム:ナゴヤ東新町 一五一会】

「これが『すっぽんスープカレー』です」

 名古屋にあるCBCテレビのスタジオで、そう言うためだけに、そこから浜松までの往復184キロを歩いてきた男がいた。

 お笑いコンビ・トラッシュスターの中山真希さん。

 彼は同局の深夜番組『本能Z』内のロケ企画「辛ゾンドットコム」で、言われたものを文明の利器を使わず歩いて買いに行き、制限日数内に届けるというミッションを与えられていた。17日の放送でその第2弾「浜松のすっぽんスープカレー」の配達を見事達成したのだった。

 時には雨の中、時には炎天下を10日間歩き続け、達成感や思い出話でいっぱいであろうはずの中山さん。

 しかし番組上、挨拶や合いの手、リアクションを除くと、彼がスタジオで発したのは冒頭の一言と、次の一言だけだった。

「はい届けます」

 今田さんや東野さんがカレーを食べ、「旨い!」というやいなや、即座に同企画の第3弾が始動したのだ。

 今度は福井の鯖江市まで歩いて行って、「マンゴーの王様プリン」を探してゲットし、愛知の武豊町で待っている視聴者家族のもとに届けるという。往復280キロ、制限日数20日間。これまでで最も長い。

 中山さんの顔からは第2弾ゴールの喜びなどもはや失せ、不安と混乱と使命感を足して3で割ったような表情で、スタジオから鯖江へ出発していった。その様は、過酷なロケを終えた芸人さんというよりも、配達先でちょっと長居した配達人であった。

 人としては、「仕事とはいえ184キロも歩いてきたんだから、スタジオでもうちょっと労ってあげたり、放送されなかった裏話とか話す機会を作ってあげたりしてもいいのにー」とついつい思ってしまうが、それを視聴者として見たいかというと、そうでもない。

 当の中山さんも、そんな済んだことや、自身の芸人としてのアピールよりも、一体これから自分がどこへ出発することになるのかの方が大事そうだったのは、見ていて明らかだった。

 また、通常の芸人さんだったら、行き先が判明してもなるべくスタジオで爪痕を残しておきたいところ。だが彼は、武豊町でプリンを待っている親子のため、その日のうちに出来るだけ距離を稼ぐことしか考えていないかの如く、足早にスタジオを後にしていた。

 私は、中山さんのそんな人となりが、彼に「辛ゾンドットコム第3弾」での出演を勝ち取らせたんだと思っている。


■芸人は面白さが重要だが、人に愛されるということもまた重要

 番組を作っているテレビ局の人は基本、番組が無くなっても仕事はあるが、出演している人の仕事は無くなる。単位を一つ小さくして、番組内のコーナーで考えてみても同様だ。むしろそっちの頻度は結構高い。

 そんな不安定なフィールドで戦っていると、どうしてもスケベ心が出て、無理矢理盛り上げようとしたり、ふざけることで面白くしようとしたりしてしまうのが人というもの。

 しかし中山さんは、ただただ一生懸命。

 グイグイ前に出て自分が現場をリードするというタイプでもないし、特段身のこなしが器用と言うわけでもない。それなのになぜか応援したくなるという特異なキャラなのだ。

 それはロケ先で出会う人にもすぐ伝わるらしく、第1弾「津のブラックカレー」編では前を通りがかっただけの家の人が、自宅でのパーティーに招待。メインイベントの“家主断髪式”で中山さんは最初のバリカン入れまで任されていた。

 17日に放送されていた第2弾最終日。名古屋の大高駅周辺での様子もなかなかで、画面の外から「テレビ見てます」という人が、どこからともなく現れては、励ましたり飲み物をくれたりしたのである。

「辛ゾンドットコム」というコーナーの認知度が上がってきているのであろうとは言え、ロケ先でカメラが回っているところに、今の段階でこれだけ次々と視聴者が話しかけてくるのは、だいぶすごい。

 芸人さんは、面白さがもちろん重要だが、人に愛されるということもまた重要なのだ。

 ただ一つ、この番組の恐ろしい特徴として、コーナーが終了する場合、一切事前に告知がない。当記事が配信される日も、まだ「マンゴーの王様プリン」の配達途中であろう中山さん。その模様が無事放送されるよう、お祈りしている。


画像:トラッシュスター 中山真希さん(C)CBCテレビ
平岡敏治(ウェブ・ソーシャルメディアプランナー/ライター)(21日19:35)

最新コラム

pageup