一五一会

名古屋のライバル局出身の平岡敏治氏(現ウェブ・ソーシャルメディアプランナー/ライター)が、CBCの制作番組を見て思ったことを自由に書き、約20年前の採用試験において彼を書類選考で落としたCBCに対して、ある種の御礼をするコラムである。

<コラム>浮上したそこは三途の川か…海でダイビング中にのどが塞がった男 九死に得た“一生”の宝

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
<コラム>浮上したそこは三途の川か…海でダイビング中にのどが塞がった男 九死に得た“一生”の宝
 たまたま通った道のその先に、人生を変える出会いが待っているかもしれない。

 でも、それが分かるのが帰り道だから、人はまたどこかに行こうとするのだと思う。

 名古屋にあるCBCテレビのバラエティ番組『本能Z』。その中で今、名古屋=福井・鯖江間を歩いて往復する「辛ゾンドットコム」というコーナーがあり、若手芸人・トラッシュスターの中山真希さんが挑んでいる。

 5日の放送で、中山さんが辛い辛いと言いながら歩いていた福井の海沿いの道を、私も偶然3年前の夏に、彼と同じく北へ向かっていた。もちろん徒歩ではなく、車。真新しいウェットスーツを載せて。

 極インドア派の私だが、唯一外じゃないと出来ない趣味のスキューバダイビングを始めたのがその年だった。

 きっかけは、たまにダラダラしに行く石垣島などの南の島。海に潜って魚やサンゴを見ていると、ボーっと過ごすのが捗ることに気付いたのだ。程なくして島でライセンスを取得。その後、地元でマイスーツを誂えて迎えた“デビュー戦”が件の福井の海だったのである。

 番組の中で、中山さんに寝床を貸すだけでなく、豪華な海産物などをご馳走していた、優し過ぎるご夫婦の飲食店。当時、私はそこを通り過ぎてちょっと行ったところの、初めて予約したダイビングショップで車を停めた。

 迎えてくれたのは、インストラクターの北島さん。めちゃくちゃ若く見えたがオーナーだった。仮にその名でお呼びする彼のガイドで、ピカピカのウェットスーツを着た私は鼻歌まじりにぴょーんとキラキラの海へ飛び込んだ。

 トラブルはその1本目で起きた。

 潜り始めてから40分くらい過ぎた頃、突然のどが塞がったような感覚に襲われたのだ。続いて来た強烈な吐き気…。小さなウミウシを探している北島さんの後ろ姿もグニャリと曲がって見え始めた。簡単に言うと、波に酔ってしまったのである。

 車酔いや船酔いの場合は、色々と対処法が浮かぶが、そこは水深約10メートルの海中。

 口は背中のタンクからつながっている空気を吸って吐くことにかかりきりであり、別の物を吐いている余裕などない。

 かといって口にくわえた器材を外してあースッキリ作戦をとれば、失敗すると次の瞬間激しく海水を呑み込んで、地獄を見ることになるだろう。

 当時、超初心者ダイバーだった私は、そんな風にあれこれ考え出してそれはもうテンパった。異変を察し、いつの間にか目の前まで来てくれていた北島さんの助けがなかったら、死にはしなかっただろうが、風邪をひいた時に見る悪夢のシリーズ最新作にはなったに違いない。


■水中で気分が悪くなってしまった場合、どう対処するのが正解?

 ショップの休憩スペースで打ち上げられた魚のようになっていた私。様子を見に来てくれた北島さんに、水中で気分が悪くなってしまった場合、どう対処するのが正解なのか問うた。すると、彼はかけていたサングラスを外し、全く予想外の事を言って笑った。

「色々あるんですけど、とりあえずは『気持ち悪いな〜』と思いながら泳げばいいんですよ」

 それから3年余り。

 北島さんのその言葉は、スキューバダイビングでの1つのノウハウという枠には収まらず、何事も思慮を巡らせがちな頭でっかちの自分を都度都度修正してくれる、人生のガイドの1つとなった。

 思いがけないことや、ありがたくないことが起こると、人はついついそれに囚われる。

 そうなると先は言うに及ばずで、事態を解決するどころか、招くのは悪化。人としての本来のパフォーマンスが発揮されない状態となっているからだ。困りごとに執着せず、まずはただ至った現状を受け入れてみると、意外と勝手に善後策が浮かんでくるものである。

 不意に、かけがえのない出会いがあった福井の海。

『本能Z』で同じ海沿いを歩く中山さんを見ていて、そうだ、あの時のお礼に行こうと思い立った。

 しかし、久々に開いた北島さんのダイビングショップのサイトは、もうそれが簡単には叶わなくなっているということを教えてくれた。大変、残念である。

 本稿は、ずっと「残念だな〜」と思いながら、書き進めていた。


平岡敏治(ウェブ・ソーシャルメディアプランナー/ライター)

画像:左側トラッシュスターの中山真希さん(C)CBCテレビ(10日12:51)

最新コラム

pageup