人物紹介

白山  茜

白山 茜

高畠華澄

幼い頃から喘息治療のため祖父が住む山間の村で育つ。
夢は都会に出てブライダルプランナーになることだが、花祭存続の危機を知り、なぜか奔走する。

白山宝介

白山宝介

橋爪 功

茜の父。実家の白山酒造を継がずに東京で官僚になり今は天下り機関に勤める。弁護士である茜の母とともに、白山酒造を廃業し、茜を東京の大学に行かせようと思っている。

白山乙弥

白山乙弥

大滝秀治

茜の祖父。白山酒造の当主。鎌倉時代から代々伝わる花祭の要職・花太夫を務めている。

及川栄作

及川栄作

蟹江一平

名古屋の中学教師。学生時代から花祭に魅せられている大の祭り好き。茜の憧れの人。

池田又一

池田又一

古原靖久

元白山酒造従業員。陽助の恋人だったケイと駆落ちし、名古屋でホストをしている。

保坂陽助

保坂陽助

小川 弦

茜の同級生で生徒会長だった。伝三郎の孫で製材所で働いている。踊りの名手だが、彼女に振られて以来すべてに投げやりで、今年の祭りにも参加する気がない。

香田  透

香田 透

石原由宇

茜の同級生。家業の蕎麦店を手伝い、茜と結婚したいと思っている。

寺内達夫

寺内達夫

山内基寛

茜の同級生でバスの運転手。茜と結婚したいと思っている。

植木ケイ

植木ケイ

土田愛実

陽助の元恋人。又一と名古屋に逃げ、水商売をしている。