コラム

滝修行でおなじみの若狭敬一アナ 野球実況で鍛えたトーク力で名古屋進化系スイーツの食レポを中継!

2021.10.01

10月1日、若狭アナはCBCテレビ『ゴゴスマ』の全国の名物アナが地域の魅力を生中継するコーナー「列島生報告 今日はダレなんサー」に出演。名古屋で人気の「進化系モンブラン」を生実況し、中継の腕前を披露しました。

MCの石井亮次アナが若狭アナのプロフィールを紹介。特技の「ドラフト成功祈願の滝行」に注目しながら呼びかけると、滝行姿の写真を手にした若狭アナが登場。「ご紹介にあった通り、私は3年前からドラフト前に成功祈願の滝行をしています。近年のドラゴンズ、くじが当たりまくりです。今年もドラフト成功間違いなしと確信しています!」と中日ドラゴンズへの貢献をアピールします。

 「さてドラフトと言えば秋です。秋と言えば栗がおいしい季節ということで、今日は進化したモンブランを紹介しましょう!」と若狭アナがやって来たのは中区大須、和モダンな店構えのスイーツ店「和栗茶屋 眞津留(まつる)」。今年1月にオープンしたばかりのお店で、4種類の栗のスイーツを提供しています。

 若狭アナは「この店の1番人気が進化したモンブランこと『錦糸モンブラン』。あの錦糸卵の錦糸で、とにかく細いです。通常の洋菓子店だとモンブランの直径が5ミリ幅ですが、こちらは1ミリ幅!大変細くなっています!」と特徴を紹介。
 注文を受けて作るところを目の前で見られるのも人気の理由の一つです。ここで谷川てるみ店長が登場。若狭アナの「錦糸モンブラン生実況」開始です!

 「さあ上から、まさに滝のようにモンブランが降り注いで参りました!受け取る土台はタルトではありません。メレンゲです。ふわふわとした不安定なメレンゲが倒れないように、うまく皿を回しながら、作っていきます!」と、スポーツの山場を思わせるような熱い実況。6時間かけて焼き上げたメレンゲ、スポンジ、和栗クリーム、ホイップクリームで作った土台部分が見えなくなるまで、極細のモンブランがたっぷりと降り積もりました。

 「重さにして120グラム、個数として11個分の栗がのっています。そして仕上げは栗の甘露煮をスライスしたものを頂上に載せていきます。さらに仕上げの仕上げに、銀箔が載るのが錦糸モンブラン。お値段は1980円ですが、1日多い時は100個以上売れるという人気商品です」と、谷川さんの動きに合わせて次々に情報を出す若狭アナ。ドラゴンズ中継で鍛えた実況力が全開です。

 若狭アナは、続けて食リポへ。「1ミリなので表面積が非常に大きくなっていますから、マスクしていても、栗の香りが引き立ちます。そして音です。モンブラン入刀!」とナイフを入れていくと、おいしそうな音が響きます。「最後のサクッという音!メレンゲとフォークが重なり合った瞬間に、秋を通り越して、初雪を踏みしめるかのような音がしました!」。きれいに開いて断面を見せた若狭アナは「こんな感じでグラデーションも鮮やかになっています!」と、香り、音、見た目とあらゆる魅力を逃しません。

 満を持してフォークを口に運ぶ若狭アナ。「持った瞬間、非常に軽い!口の温度でメレンゲがシュワシュワと溶けていきます。甘さ控えめですが、マロンペーストが栗そのものですから強い甘味を感じ、そのバランスが最高です」と見事に味も伝えてゲームセット!

 若狭アナは、すかさず「THE TIME,」の紹介フリップボードを取り出し「このように東海地方の情報をお伝えして参ります。『THE TIME,』では10月7日木曜日がCBCの初回中継ですのでご覧ください!」とPR。「流れるように!」と笑いながら石井アナは「全国の皆さん、よろしくお願いします。東海地方の中継はCBCの若狭敬一アナです!」と呼び掛けました。

あわせて読む