コラム

デビューに向けて猛特訓中!2歳になったばかりのゴマフアザラシ「ガブ君」と新人イルカトレーナーをリポート!

2021.03.26

 春はスタートの季節。4月から新学期、就職など、新しい生活を迎える人がたくさんいると思います。今回は静岡県からデビューに向けて特訓するアザラシと新人イルカトレーナーを紹介します。

CBCテレビ『ゴゴスマ』の「列島生報告 今日はダレなんサー」。全国の名物アナウンサーがご当地の魅力を生中継で紹介するコーナーです。この日は静岡県からSBS静岡放送の山﨑加奈アナが出演しました。この日の中継は沼津市の「伊豆・三津シーパラダイス」から。番組MCの石井亮次アナが呼び掛けると、前回の出演では特技のけん玉を披露した山崎アナ※が元気に登場。アシカショーをバックに「ここは、バンドウイルカの飼育を日本で初めて行った所です。今日は春休みなので、ご家族で来ている方もたくさんいらっしゃいます」とリポート開始です。
※崎の字は立つ崎

 山崎アナは「今日、紹介するのはゴマフアザラシです!」と華やかなショーが行われている場所から少し離れたスペースへ。カメラを向けるとかわいいアザラシが餌を食べています。愛らしい姿に、スタジオのコメンテーター陣からは「かわいい!」の声。

 2歳になったばかりのゴマフアザラシのガブ君。4月に観客の前にデビューするということで猛特訓中の技があるそうです。トレーナーさんが手を回すと、ガブ君もくるりと回転。さらに台の上に載って、トレーナーさんの放る投げ輪を続けて3回、見事に首にかけました。スタジオからも「お見事!」と拍手が送られます。

すると山崎アナは「ガブ君を見ていたらウズウズしてきました!」と突然、けん玉を取り出します。石井アナらが「いやいや」「最初、持っていなかったのに!」と突っ込みを入れるも、けん玉の技を繰り出します。「ガブ君、うまくいったよー」と声をかけると、ガブ君は「アチャー」と頭を抱えるようなポーズ。スタジオの面々も思わず笑顔になりました。

 山崎アナは「シーパラダイスにはガブ君同様、4月にデビューする新人トレーナーさんがいます。去年入社したばかりの21歳、伊藤結香さんです」と別なプールに向かいます。伊藤さんはプールの前でイルカと練習中です。「結香さ~ん、お願いしま~す」と声をかけると、2頭のイルカが伊藤さんの持ったバーの上を跳び越えるハードルジャンプという技を披露。スタジオの面々は「おー!」「気持ちいい!」と絶賛です。

 次はもっと難易度が高い技です。伊藤さんが口元にタッチするとイルカは素早く水中に潜りました。山崎アナが「プールの上には高さ4メートルにつられたピンク色のボールがあります。ボールにご注目ください」と説明すると、水中から跳びあがったイルカが見事にボールにタッチしました。豪快な技を見せてくれたのは22歳のベテランイルカのカボスちゃんです。

 山崎アナが「今日の出来はいかがでしたか?」と聞くと、伊藤さんは「バッチリでした」と笑顔。練習の時は少しグズっていたらしいのですが、本番は大成功です。小さい頃からイルカのトレーナーになることが夢だったという伊藤さん。夢がまもなくかなう今の気持ちを聞かれ、「練習の成果をデビューの日に発揮できるように一生懸命頑張りたいと思います」と意気込みを語りました。

 「伊藤さんとガブ君のデビューは4月17日です。新年度が始まるこのタイミング!私もけん玉、もっと技術を磨いて頑張りますね!」と山崎アナは再びけん玉を掲げます。石井アナは「けん玉、好きやな~」とつぶやきつつ、番組コメンテーターの「A.B.C-Z」河合郁人さんに伊藤さんへのエールをお願いします。河合さんは「夢をかなえたので、これからはお客さんに夢をいっぱい与えてください」とエールを送りました。マイクの調子でうまく聞き取れなかった伊藤さんに、山崎アナが「夢を与えてください!」と短く伝えると、石井アナは「はしょりすぎ!」と突っ込み、スタジオは笑いに包まれました。

あわせて読む