第9週 4月28日(月)〜5月2日(金)

4月28日(月)

二葉(はしのえみ)は松太郎(大和田伸也)に、自分も饅頭対決に参戦させてと申し出る。一位をとったら誰と結婚するかは自分で決める、さらに結婚しない自由も認めてと言う。意外にも受け入れる松太郎。五真子(浜丘麻矢)は饅頭作りをなめるなと怒るが、二葉は「お父さんはどんな饅頭を作るかでどんな家族を作ろうとしているのか見ようとしている」と言い、自分の真剣さを示す。その後、二葉も五真子も饅頭作りに没頭。

そんな中、松太郎は幸子(若原瞳)に求婚され驚く。その翌朝、松太郎は家族に「幸子さんと結婚する」と告げるが…。

4月29日(火)

松太郎が幸子と結婚すると言い出し、寿家の皆はビックリ。一美(田中美奈子)と睦(加賀美早紀)、美海(吉田里琴)は喜ぶが、それ以外の姉妹は複雑な顔。

その晩、寿家では祝いの席が設けられるが、二葉と五真子は出ようとしない。呆れた栗山(青木伸輔)と大藪(綱島郷太郎)は二葉を無理やり出席させようとするが、それを見て松太郎は立腹、二葉を平手打ちする。松太郎に怒った四麻子(遊井亮子)は反発して退席。この様子にいたたまれなくなった幸子は松太郎に「このお話は無かったことに」と言い飛び出してゆく・・・!!

4月30日(水)

一美は松太郎に小山(菊池均也)と結婚すると伝え、寿家の皆を喜ばせる。

すると、二葉が幸子を寿家に連れてきて、松太郎との結婚には大賛成だと皆に告げる。これを聞き今まで複雑な表情だった姉妹たちも、全員が松太郎と幸子の結婚を祝福するのだった。

そんな中、俊(柳下大)が「寿や」に戻ってきて、五真子は大喜び。松太郎は俊に、饅頭対決に出るようにすすめる。

そして二葉は、饅頭対決が済むまではと、栗山と大藪それぞれに婚約指輪を返すことに・・・。

5月1日(木)

二葉は、栗山と大藪が仲良く酒を酌み交わしているのを見て、あ然とする。

そんな中、三笑(太田有美)は貢(金剛地武志)に自分と結婚する意志が無いと知り、別れを告げる。

そして、いよいよ饅頭対決の日がやって来た。二葉、五真子、俊、大藪、栗山の五人は、真剣にそれぞれの饅頭を作る。そしてそれぞれの饅頭が五つの皿に並び、松太郎をはじめ残りの家族が審査員となることに。松太郎は審査の前に、饅頭を作るということは家族を作るということだと松太郎の人生観を熱く語り、皆を感動させる。そして…!

5月2日(金)

最終的に二つの皿が同票で残った。それは栗山と大藪の饅頭がのった皿だった。二葉は、松太郎から「最後はお前が決めろ」と言われ、それぞれの皿から饅頭を取って一つずつ食べるが・・・二葉が選んだのは、大藪の饅頭だった。皆がビックリする中、大藪は二葉を抱きしめる!

しかし俊は、栗山と二人きりになった時、栗山が自分の皿と大藪の皿を替えていたことを見たと告白。しかし栗山は、身を引くことを選んだらしく、俊に「誰にも言うな」と固く口止めする。

そして、結婚式当日。教会で、松太郎と幸子、一美と小山、そして二葉と大藪の三組が誓いの言葉を交わす時。二葉は大藪に…!!!そして一年後、なんと寿家は・・・!!!