制作発表

2009年1月5日(月)スタート!ひるドラ「オーバー30」 CBC/TBS系全国ネット

12月8日(月)、ひるドラ「オーバー30」の制作発表記者会見が東京都内のホテルで行われました。

会見には、田舎の子持ち専業主婦・愛子役を演じる主演の島崎和歌子さん、都会の独身キャリアウーマン・美香役を演じる遊井亮子さん、女好きで浮気性の愛子の夫・直之役を演じる高知東生さんといった出演者3名と、脚本家の川嶋澄乃さん、CBCプロデューサー・小森耕太郎も出席しました。

会見は終始和やかムード。会場に詰めかけた多くの記者からの質問に冗談を交えて答えるなど、出演者のチームワークの良さが随所にうかがえる、笑いの絶えない会見となりました。

江藤愛子役:島崎和歌子さん 「30代まだまだオバサンじゃないぞ!と伝えたい」

女優の島崎和歌子です(笑)。女優は久しぶりなので緊張しています。

私自身、今35歳で、来年36歳を迎える30代ですが、女性と言うのは30代になると人生の選択肢が広がると言うよりは、徐々に狭まっていくんじゃないかとどこかで思っていました。でも今回このドラマで、“田舎から自分を変える為に都会にやって来た子持ちの専業主婦”という役を演じさせていただいて、「30代の女性は、まだまだオバサンじゃないぞ!」「夢を持って生きると、もっともっと輝いて素敵な女性になれるんだぞ!」ということを学ばせて頂きました。視聴者の方にもその辺りをこのドラマで伝えていけたら良いなと思っています。

若山美香役:遊井亮子さん 「どんどん変化していく美香に注目してください」

美香という女性は“キャリアウーマン”という自分を凄く自負している女性なので、ちょっと主婦を馬鹿にしているところがある役どころです。でも島崎さん演じる愛子と知り合ったことで、自分の視野がいかに狭かったかということを思い知らされ、美香自身も、そして美香と愛子二人の関係性もどんどんと変化していきます。そこを視聴者の皆さんには見ていただきたいなと思います。是非、楽しみながら観てください。

江藤直之役:高知東生さん 「是非、頑張って生きる女性たちに観て頂きたいです」

今回の僕の役どころは、正妻と愛人の間に挟まれて、とてもドキドキ、あくせくする男です(笑)。ドラマが進み色々な出来事が起こる中で、直之の考え方が“人”として“男”として、どんどん変化していくんですが、僕自身もこのドラマを通して凄く勉強させて頂いたなと思っています。

このドラマはコメディーです。不景気だからこそこのドラマを観て、笑い飛ばしながら色々と考えて頂けたらと思っています。是非、自分の人生に責任を持って生きる、頑張る女性たちに観ていただきたいし、男性にはそんな女性たちの姿を素直に認めながら観ていただけたら嬉しいです。

脚本家:川嶋澄乃さん 「元気の出る“ビタミンドラマ”として楽しんでください」

昼の帯ドラマ全40話をオリジナルで書かせていただくのは初めての経験で、大変光栄に思っております。プロデューサーが大変懐が深く、何を書いても面白がってくださったおかげで、自由に伸び伸びと書き上げることが出来ました。ほぼ1年に渡って愛子、美香、直之の3人と向き合ってきたので、今ではまるで3人が“掛け替えのない同士”のように思っています。

『オーバー30』のタイトル通り30歳を過ぎた女性の本音が赤裸々に描かれているドラマです。女性の皆さんには共感していただけるものと思っています。また、笑えるところがたくさん出てくるドラマなので、このドラマを「心のサプリメント」として、元気の出る「ビタミンドラマ」として楽しんでいただき、多くの方々に元気になってもらえればと思っています。

小森耕太郎CBCプロデューサー 「30代の女性にも色々な可能性があると伝えたい」

このドラマは30代の女性に贈る“応援歌”的なドラマを作りたくて、脚本家の川嶋先生と企画しました。30歳を過ぎた女性でも色々な可能性があって、色々な人生の選択肢があるのだということを伝えたくて、同い年の“田舎の子持ち専業主婦”と“都会の独身キャリアウーマン”という二人の女性に焦点を当てました。女性の本音がたくさん出てくるドラマになっていますので、女性の皆さんに共感しながらご覧頂けると思っています。是非ご覧ください!