CBC | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

SPECIAL

SPECIAL

理系が活躍できるのは、技術だけじゃない?!

テレビ局に理系出身者が就職しても、
技術職でしか学んだことや好きなことを生かせないと
思っていませんか?

CBCテレビでは多くの理系出身者がさまざまな部署で
活躍しています。

理系だからこそ実感できるテレビ局の面白さは何なのか。
さまざまな年代、職種の理系出身者が集まり、
本音を語り合いました。

元カメラマンが理系脳を活かし、データ分析!

様々なデータをもとに最適な営業戦略を構築

江口彰吾(営業戦略部・入社26年目)
工学部・電子機械工学科出身
「テレビの媒体価値を見える化する」

データ分析から視聴率アップを支える編成マン

川原竜(編成部・入社21年目)
理工学部・光工学科出身
「制作陣と手を組み番組をより良い方向に導く」

5時間の情報生番組を支える理系脳

平日夕方の報道情報番組『チャント!』の総合演出

槌田一平(情報制作部・入社16年目)
工学研究科・物質制御工学専攻出身
「あらゆる視点から“番組の見せ方”を演出する」

平日昼の情報番組『ゴゴスマ』の総合演出

柴田知宏(情報制作部・入社14年目)
理工学部・社会環境工学科出身
「2時間の生番組の設計図を書くのが仕事」

ロジカルな視点で、あらゆる事象を切り取る

豊橋駐在記者として、一人でエリアを担当

長谷川琢也(報道部・入社9年目)
芸術工学部・芸術情報設計学科出身
「報道記者として、声なき声を伝える」

カメラマンとして、様々な現場で活躍

大野和之(放送技術部・入社4年目)
工学部・応用自然科学科出身
「毎日が修行!より良い映像を切り取れるよう追及する」

仕事に役立つ?!
学生時代の研究テーマ

江口彰吾江口

僕は大学のときカオス理論の研究していたんだけど、みんなは仕事の中で、理系が役立ったことはある?

川原竜川原

カオス理論って理学系ですか?

江口彰吾江口

数式、情報工学。番組宣伝を担当していたときにデータを元にした予測をやって「あ、これ昔やったなー」って。二十数年ぶりに繋がった(笑)で、今はテレビビジネスの予測をやっていて、こういうの自分好きだったよなー、もっと勉強しておけば良かったなーというのが現状。

川原竜川原

僕は太陽光発電の理論。どの材質の発電効率がいいか実験してました。今までの経験職の中で役立ったことは直接的には無いけど、取得したデータをグラフにして他部署と共有する、なんて業務を今やっていて、似ている所がありますね。

槌田一平槌田

僕は“ハンダゴテのハンダの材料を地球環境に優しいものにできないか”という研究をやっていました。今の仕事に直接役立つことはほぼありません(笑)ただ、広く考えると、論理的なものごとの進め方やプレゼンの仕方などは、当時の経験が役立っているかな。

柴田知宏柴田

僕は地下鉄副都心線の掘削工事の研究をしていて、毎日200個くらいの土の塊を潰したり、成分を計測したり。地下の暗い部屋でずっと土をながめていた。仕事で生きていると思えることは無いけど、実験は今でも好き。番組づくりでもよく言いますね。「実験的にやってみよう」とか。

長谷川琢也長谷川

僕はゴリゴリの理系というより、少し文系が入った理系という感じで、3D映像の研究をしていました。3D映像において背景のぼかしが有効かどうかを実験で数値化していたのですが、仕事でその研究は全く生きていません。

川原竜川原

背景をはっきりさせる仕事だもんな、今は(笑)

大野和之大野

僕は、顕微鏡で覗くときに、見る対象を照らす光をシート状に作る研究をしていました。研究が役立つことは無いですけど、根性ですかね。夜中の2時でも「あー、まだ2時か」と言えます。

理系出身者は
どんな仕事に就くの?

理系が活躍できるのは、技術だけじゃない?!
江口彰吾江口

営業戦略部で分かりやすくデータを共有できるようにグラフをふんだんに使用した資料を作ったりしています。広告主さんに対してこれまでは視聴率でしか語られていなかったけれど、広告効果はどうなのか、どういう属性が見ているかなど数値化して説明できるようにする。今後そういうデータが求められるし、武器になる時代が来ています。

川原竜川原

僕の仕事のメインは視聴率データを使った番組の分析。視聴率を上げる命題があるので、制作スタッフが企画して放送した内容に対してデータを使ったフィードバックをするのが僕の役割だと思っています。結果をデータベース化して、過去の記録をいつでも振り返られる環境を作ることにも取り組んでいます。見える化ということですね。今は3割くらいのテレビがインターネットに繋がっているけど、今後はもっとその割合が高くなってこれまで取れなかったデータが取れる時代になる。それに合わせてどう戦略を立てるかを考えたりもしています。

槌田一平槌田

今は、夕方の報道情報番組『チャント!』の“番組の見せ方”を考える演出を担当しています。入社時は報道記者をして、そのあとバラエティ番組のディレクターやプロデューサーなど、色んな現場で働いてきました。

柴田知宏柴田

僕はお昼の『ゴゴスマ』の総合演出をしています。番組2時間の設計図を書く仕事です。また、制作の魅力はVTR作りで言うと、自分が作ったVTRで出演者の皆さんがドーッと湧いてくれたときには、何にも代えがたい快感がありますね。人を笑わせたとか泣いてくれたとか。そういうのってずっと心に残っていて、次も、また次もという気持ちになりながら番組を作っています。

長谷川琢也長谷川

僕は報道記者になって4年目。普段目が向けられていない社会的に立場の弱い人にスポットを当てるとか、自分の納得のいく放送ができたときにやりがいを感じます。あと独自映像を撮れたときとかもアドレナリンがめちゃくちゃ出ますね。取材VTRの構成を考えるときに“飛躍していないか”“矛盾していないか”ロジカルに展開させることに理系が生きているって思います。

大野和之大野

今は放送技術部でカメラマンをしていて、撮影した映像を見て視聴者の方が笑ったりしてくれたらそれ以上に幸せなことはないです。それまでは、放送管理部でテレビマスター(※1)にいました。マスターでは災害などで緊急特番になったとき部署全体でプログラムを書き換える作業をしなければならないのですが、無事放送が出せたときはホッとします。理系脳が活かせるのは、放送局の番組とCMを管理するプログラムとしての役割をもつAPS(※2)を読むときですかね。プログラム言語は違ってもそれを読むという経験は生きているかなと思います。

※1マスターコントロールルーム(主調整室)。“放送の最後の砦”とも言われ、放送はすべてここから送り出される。

※2自動番組制御装置(Automatic Program control System)放送される番組とCMの送出順や構成が記述されている放送のプログラムのようなもの

テレビ局で広がる
理系の可能性

理系が活躍できるのは、技術だけじゃない?!
江口彰吾江口

インターネットが普及して、テレビは絶対的な王者から相対的な王者になったというのが実感です。クライアントにテレビの媒体価値を説明し実感していただくためにデータでテレビの価値を見える化する、これは理系の方が得意だと思います。さらに文系の人にもそれができるような環境を整備したいと思ってます。

槌田一平槌田

番組づくりに関しては理系・文系どちらでもいいと思っています。理詰めで作る人もいれば、感覚で作る者もいる。ちなみに、理系は何かに打ち込んで研究することが多いと思いますが、その経験はこの業界に入ってからも活かせると思います。

柴田知宏柴田

僕、結構文系だと間違われるんですよねー。理系って言うと驚かれる。

江口彰吾江口

どこで方向転換したの?推薦受けてメーカー行くのが王道でしょ?

柴田知宏柴田

文系・理系って高校生でどっちにするか決めると思うんですけど、どっちでも良かったんですよ。でも理系に行っても文系に変えられるけど逆は無いよって言われて。そのまま理系でやってきて、就活で僕は何がしたいんだろう?ってフラットに考えました。なぜテレビかというと、身近なエンターテインメントだったから。楽しそう、これにしよう!と。

長谷川琢也長谷川

僕は技術だと思っていたのに初配属は生活情報部(現・情報制作部)。1回も技術を経験しないまま9年目です。でも生活情報部・報道部を経験して今はその楽しさに気付いて、技術に行きたいとは全く思わなくなった。

全員

大笑い

川原竜川原

適応能力がすごいねー。

大野和之大野

技術の面で理系的な感覚は必要だと思います。不具合が起きたときなど、原因を突き詰めて考える。原因を理論立てて場合分けして考えることが必要です。

槌田一平槌田

放送技術に文系の人はいないですよね。そもそも皆さんは入社前から、放送局の技術職ってどういうことをやっているか分かって入社しているんですか。

江口彰吾江口

いや。テレビ局って楽しそうだな、理系だから技術かなって。

大野和之大野

僕は就活しているときは報道や制作にも興味があったので、志望は記者やディレクター、カメラマンと言っていました。

全員

へー!

川原竜川原

僕は技術が第一志望!テレビのロケを見ていて、たまに映り込むカメラやマイクを持った人たちが、かっこいいなと思って。就職活動をしていたときにサッカーの中田選手がオーバーヘッドでシュートを決めた瞬間を見たんだけど、これってカメラマンいなかったら見られなかった。機材を使って感動を伝える裏方に魅力を感じたな。

江口彰吾江口

槌田君は制作の現場にいて理系だから役立ったことはある?

槌田一平槌田

僕、思うんですけど、バラエティー番組作るのに適した学部ってあるのかなって? 僕は理系だろうが文系だろうが一つのことに対してめちゃめちゃこだわってる人間は強いと思っています。文系でもぶっ飛んでいる人は面白いし、何のこだわりも無い人間は文理問わず面白く無いと思いますね。

柴田知宏柴田

迷いながら理系にいる人っていっぱいいると思うんです。疑問に思っている人は来てみたら面白いんじゃないかな。

大野和之大野

分かります!僕も理系からちょっと離れたい気持ちありましたもん。離れたくてテレビの世界に入りたいという気持ちがちょっとあった。

柴田知宏柴田

隠れ理系とか、はぐれ理系みたいな?

全員

おーっ!(感嘆)

江口彰吾江口

言葉で言うとそういうことだよね。メーカーに行くのが理系のエリートだとしたら、放送局に行くのは、そういう表現だよね。

柴田知宏柴田

理系の学生さんって、もしかしたらメーカーなどに行って、学生時代の研究を役立たせなければいけないと思っているかもしれない。でもそんなことは無いし、固定観念を自分で背負うとしんどいから、クリアにしたらこういう職場もあるよって言いたいです。

こんな後輩に
入社してほしい!
就活生に
エールとアドバイス

理系が活躍できるのは、技術だけじゃない?!
川原竜川原

ここに来てすごい感情論だけど、情熱がある人と仕事がしたいなー。データを分析したり、機材を使いこなせるように努力したり、根気がいる業務に就いたときでも力を発揮するには意外と必要です。

江口彰吾江口

データを扱うことに抵抗がない理系脳というか、文系の人でも使えるような環境を整えることは大事だと思う。テレビビジネスが大きな変革期だからこその面白さがある。これからビジネスがどんどん変わっていく現場を体験できると思いますね。

長谷川琢也長谷川

理系の人に就活の裏技を伝えるとしたら、まだテレビ局の総合職を受験する人は文系が多いと思うので、理系の経験や考え方を意識してアピールすれば他の受験者と差別化ができていいと思う。

大野和之大野

僕も理系の研究・分析能力はアピールしたほうがいいのかなと思います。今、会社で活躍されている理系の先輩は探究心や原因分析力がすごい。システムを組むときの、0から1を作り上げる力をアピールしたらいいんじゃないかな。番組づくりも0から1を作りあげるものだと思っていますし。理系の出身者はその力をデータ分析で生かすのも有りだし、番組を作り上げる方向で生かすのも有りなんじゃないかと思います。

江口彰吾江口

メーカーだと3年とか5年とかの長期スパンでの仕事が多いけど、テレビ局の番組制作は長くても半年とか1年。報道やスポーツなどは、今起きている出来事をすぐに放送したりするので、短期的に成果物を出す仕事が多い。その分、自己反省や周囲のリアクション、視聴データなどをすぐに次の制作に活かせるのがよい。

槌田一平槌田

ものを何かつくりたい、表現したい人だったらテレビ局は向いていると思います。面白いもの、感動するもの、泣けるもの、そういうものを作りたい人。それを0から生み出すためには好きじゃなかったらできない。こういうもの作りたいという思いがあれば、それをやらせてもらえるのがCBCだと思います。