共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る

チャント!スペシャル 伊勢湾台風60年~「色」が呼びさます記憶

2019年9月26日(木)午後5時30分頃~放送

  • 直撃の夜のCBC
  • 濁水の中の中継現場
  • 流木の山

1959年9月26日(土)に東海地方を直撃した伊勢湾台風は、
死者5098人・負傷者約3万9千人。

その後、災害対策基本法の制定や全国の堤防を整備する契機となるなど
「日本の防災の出発点」にもなった自然災害です。
これ以降、様々な形で風水害の恐ろしさと備えることの大切さを語り継ぐ
取り組みは続いています。しかし、60年が経過し、担い手は減り続け、
体験者の記憶も薄れつつあるのが現状です。

撮影:山田 芳さん

そこで、2019年9月26日(木)の『チャント!』(午後3時49分~)は、午後5時30分頃から伊勢湾台風に焦点をあててお送りします。

今回私たちは、伊勢湾台風による災害を「昔話」として埋もれさせないために、被災時の状況を記録したCBCの白黒のフィルム映像を、最先端のAI技術によってカラー化します。

撮影:山田 芳さん

さらに、取材で見つかったメディア未露出のカラー写真約50枚も紹介し、体験者には鮮明な記憶を呼び覚ましてもらい、若い世代には「本当にあった現実」として実感してもらいたいと考えています。

撮影:山田 芳さん

近年、地球規模の気候変動に伴って大規模な風水害が頻発し、「スーパー伊勢湾台風」の発生も予想されている中、最新の気象研究も紹介し「備え」の重要性を伝えます。

【出演】
大石邦彦キャスターほか
【ゲスト】
名古屋大学 減災連携研究センター 福和伸夫センター長
【協力】
筑波大学 人工知能科学センター・名古屋市博物館・愛知工科大学・IMAGICA Lab. ・朋成
【制作】
CBCテレビ 報道部

CBC伊勢湾台風アーカイブス~濁水の災害地の記録~

伊勢湾台風上陸の夜、名古屋市中区のCBC社内にいた記者のひとりが後日、当時の状況を振り返った取材記があります。

突然の出来事であった。
3階東側の窓ガラスがものすごい音と共に割れ、風と雨がごうごうと吠えたてて襲って来た。
デスクの上にあった夜10時のラジオニュース原稿が吹っ飛び、紙が舞う。
ようやく拾い集めてアナウンサーがスタジオに飛び込んだが、
10分間の原稿が4分しかなかった。
容赦なく吹き込む風雨を、大道具を立てかけて懸命に防ぐ。
社内で体験した瞬間最大風速46mである。
巨大な台風に飲み込まれて情報網が完全に麻痺し、
被害の実態が分かり始めたのは夜が明けてからであった。
(中略)
赤ちゃんが生まれそうな女性の手助けをした記者、家族への安否の連絡を頼まれたカメラマンなど、取材活動がそのまま救援活動につながっていた。
不眠不休、飲まず食わずで取材を続けるなど、まるで戦場のような毎日だった。

(原文のまま)

こうした状況の中で、CBC報道部が台風直撃後、しばらくしてから放送した3番組をご覧いただけます。

あれから1週間~災害地の現状

01

あれから1週間~災害地の現状

(14分8秒)

CBC本館前の暴風にしなるソテツや、転倒したオート三輪の映像で始まる番組。
この冒頭の映像は、伊勢湾台風上陸の当夜を伝える災害報道史上、価値が高いと評価されています。

私は知りたい~濁水いまだ去らず 名古屋市南部の災害地から中継

02

私は知りたい~濁水いまだ去らず
名古屋市南部の災害地から中継

(24分19秒)

1959年10月6日、台風襲来11日目の夜に名古屋市南区から生中継で放送した全国ネットの特別番組です。濁水の中、アナウンサーが被災者の切なる声を届けます。

伊勢湾台風 濁水の災害地

03

伊勢湾台風 濁水の災害地

(14分29秒)

台風直撃から2週間がすぎても泥水につかる被災地。名古屋競馬場では、約2000人が共に寝起きし、病院職員らが伝染病予防の注射を打つため小舟に乗って被災地を巡回。
復興への道は大変険しかったことが伝わってきます。

pageup