実は高山のソウルフード 毎朝行列ができる人気うどん店の秘密!

実は高山のソウルフード 毎朝行列ができる人気うどん店の秘密!

岐阜県高山市のご当地グルメとして「うどん」が人気なのをご存じでしたか?

観光地から少し離れた場所に、毎朝行列ができる老舗うどん店があります。
多い日では1000人が 来店するそうですが、その人気の秘密に迫りました!

岐阜県高山市のご当地グルメといえば、飛騨牛に、高山ラーメン!そして、みたらし団子などが有名ですが・・・・

  「早朝でまだ薄暗いですが、開店前から店の前に人が並んでいます」(横山記者)

午前5時半過ぎ、その店の前には、行列が!

  「はいどうぞ~」(新井浩平さん)

JR高山駅から車で5分ほどのところにある「新井こう平 製麺所」

注文しているのは「うどん」です!
「朝ごはんには、この店のうどん」 実はこれが、高山の定番なんです!

  「毎日ここで食べさせていただいてます。からくてうまい」
  「朝、手軽でしょ。休日はちょっとさぼりたいなと思うといいですよね」
  「安いし量も多いし、良いと思う」(お客さん)

朝から訪れる客のほとんどは地元の常連客。若い女性から家族連れまで。店内はあっという間に満席に。

切り盛りするのは、新井浩平さん、御年84歳。
1955年、高校を卒業してすぐ店を創業。それから65年、ほぼ毎日厨房に立っています。

妻と娘も手伝って、いつしか、この店のうどんが高山のソウルフードとして親しまれるようになりました。

  「みんな全部食べて帰る。これだけが私の生きがい、楽しみ。これだけがなによりうれしい」(新井浩平さん)

一見すると普通のうどん。
しかし多い日には1000人の客が訪れ、地元で愛され続けるこのお店。
その人気の秘密に迫ります。

(2021年4月21日放送「チャント!」より)

特集 記事一覧

もっとみる