新型コロナ感染防止で注目の技術とは… キーワードは「タッチレス=非接触」

新型コロナ感染防止で注目の技術とは… キーワードは「タッチレス=非接触」

新型コロナウイルスは「モノに触れること」への意識を大きく変えました。

 そんななか、タッチレス=「非接触」をキーワードにした、最新技術を集めた展示会が名古屋で開かれました。

 一見、何もないところを指で押しているように見えますが、実は…。

 「こちらの装置、横から見ると何もないように見えますが、正面に立つと空中に画面が現れ、さらに操作することもできるんです」
 (田原健太郎記者)

 これは指の動きをセンサーが感知し、投影された3D画面を操作できるシステムです。

 「触れずに操作」、19日に名古屋商工会議所が開いた展示会。

 全国15の企業が開発を進める、人やモノに極力触れない「非接触」の最新技術を使った機器などが集まりました。

 こちら、不特定多数の人が触れるエレベーターの階数ボタンも…。

 「手をかざす、かざすことでエレベーターのボタンを押したのと同等の方法になる」
 (フジテック 藤澤賢明さん)

 指先がボタンから2センチ離れていてもセンサーが感知し、ボタンに触れなくてOK。

 また、こちらは…

  音声解析ソフトを使って言葉にした内容を自動入力できます。

 「工場の検査などで実際に使われています」
 (システムサポート 伊藤光人さん)

 新型コロナ感染対策として「タッチレス=非接触」へのニーズが、様々な業界で高まり、この分野に参入する企業が増えているといいます。

 「感染予防という観点は一番だが、コスト削減であったり、利便性向上であったり、さらに多くの可能性を秘めていると思うので。名古屋で、さらなるビジネスの発展につながることができれば」
 (名古屋商工会議所 村上涼さん)

 いまだ終わりが見えないコロナ禍、非接触の分野の裾野は広がりそうです。

(2021年4月19日放送「チャント!」より)