大掃除は11月のうちにやっておいたほうが良い!エアコン、キッチン、水まわり、カーテン…プロ直伝お手軽掃除術

大掃除は11月のうちにやっておいたほうが良い!エアコン、キッチン、水まわり、カーテン…プロ直伝お手軽掃除術

毎週月~金曜日の夕方にCBCテレビで放送している情報番組【チャント!】。
毎週水曜日の人気コーナー『全力!お助けちゃん』では毎回、何事にも全力で取り組むBOYS AND MENの平松賢人が皆さんのお悩みをサポートしています。

11月も後半になり、年末の足音が聞こえてきましたね。
年末に行うことといえば…大掃除!
しかし大掃除は、気温も低く水温も冷たい12月に行うよりも、11月のうちにやっておいたほうが良いのです。

そこで今回は「お掃除王子」こと【株式会社アクションパワー】の櫻井皇児さんを助っ人に迎え、お家の汚れで悩むMさんのお宅へ向かいます。

Mさんのお宅は築9年。小学生~高校生の4人のお子さんがいる6人家族です。コロナ禍でお家時間が長かった今年は、特に汚れが気になっているそう。

エアコン、キッチン、水まわり、カーテンの大掃除テクニックを、櫻井さんに教えていただきましょう!

≪エアコン≫

まずはエアコン掃除。本格的に寒くなり暖房をフル稼働させる前の11月中にエアコン掃除しておくと、省エネや節約にもつながります。

Mさん宅のエアコンは、新築の時にエアコンをつけて以来9年間一度もお掃除をしていないそう。

恐る恐るエアコンの蓋を開けてみると…中は黒カビだらけ!

そこで活躍するのが手作りのお掃除道具。作り方は簡単!キッチンペーパーを折りたたみ、菜箸や割りばしの先に巻きつけます。あとは輪ゴムで縛れば『カビ取りブラシ』の完成です。

ここにドラッグストアなどで購入できる消毒用エタノールをキッチンペーパー部分に染み込ませ、黒カビを拭き取ると…キレイになるだけでなく除菌もしてくれて一石二鳥。

奥までこびりついた黒カビは、歯ブラシを使って落とします。歯ブラシの根元をライターであぶり、柔らかくなったらお掃除しやすい角度に曲げて使用。また、歯ブラシ3本をガムテープでまとめれば、一度に3方向を磨けるブラシに。ブラシに消毒用エタノールを吹き付けて奥の黒カビまでゴシゴシ…9年間の汚れもキレイになりました。

≪キッチン≫

続いてはキッチン。油汚れは12月の寒さで固まって落としにくくなってしまうので、汚れが柔らかい11月中に洗うのがベスト。

Mさん宅のキッチンは2年前にプロに掃除を依頼したそう。ところが、レンジフードを開けてみると、フィルターは油と埃でギトギトです。

そんな油汚れは、40℃程度のお湯をかけ汚れを柔らかくします。そこに100円ショップなどでも販売されているアルカリ性のクリーナー「セスキ炭酸ソーダ」を酸性の油汚れに吹きかけると、油汚れがみるみる落ちていきます。

フィルターやファンについた頑固な油汚れは、お湯で薄めたセスキ炭酸ソーダに2~3時間ほど浸け置きするだけ。スポンジや歯ブラシなどで簡単に落とせます。あっという間にツルツルピカピカになりました。

≪お風呂≫

お風呂掃除のベストシーズンは春と秋。夏は湿度が高いためお風呂の掃除は向いていません。ぜひ11月のうちに!

一見キレイにされているMさん宅のお風呂。しかし“エプロン”といわれる排水管などが隠れた部分の蓋を開けてみると…そこは黒カビの巣窟。

お風呂のカビ汚れは、体を洗った時に出る皮脂汚れと石鹸カスが原因なので、キッチン同様、セスキ炭酸ソーダを使用。

キッチンペーパーで5分ほど湿布すると浸透し、お掃除が楽になりますよ。9年間の汚れも、作業時間15分で見違えるほどキレイになりました。

≪カーテン≫

最後はカーテン。12月になると寒くて洗ったカーテンが乾きにくくなるので、比較的暖かい11月のうちに洗ってしまいましょう。

Mさん宅のカーテンを見てみると、裾の部分などにカビが目立ちます。早速レールから外し、洗濯することに。

カーテンはヒダに合わせて折り、型崩れしないように太めの輪ゴムで縛ります。その時、フックはつけたままでOK。折りたたんでネットに入れて洗濯機で洗います。

脱水しすぎるとシワだらけになってしまうので脱水時間は短めに。3分~5分程が目安です。

あとは、そのままカーテンレールに吊るして乾かすだけ。カビや汚れの目立っていたMさん宅のカーテンもすっきりキレイになりました。

簡単な掃除術で、家中ピカピカになったMさんのお宅。
「お掃除に向いている季節があるなんて驚きでした。これからは年中行事にしていきたいです」とMさんも大喜び。今回のお助けも大成功!

皆さんも今回の掃除テクニックを参考に、11月中に大掃除を済ませてしまいませんか??