ペーパードライバーを卒業したい!12年間運転していないママをお助け!

ペーパードライバーを卒業したい!12年間運転していないママをお助け!

毎週月~金曜日の夕方にCBCテレビで放送している情報番組【チャント!】。
毎週水曜日の人気コーナー『全力!お助けちゃん』では毎回、何事にも全力で取り組むBOYS AND MENの平松賢人が皆さんのお悩みをサポートしています。

今回は、12年間一度も運転してないという2児のママHさんをお助け!
これまで運転を担当していたご主人が来年3月から単身赴任をすることになり、それまでにペーパードライバーを卒業して、お子さんの送り迎えやお買い物などができるようになりたいとご依頼いただきました。

助っ人は【ペーパードライバーサポート愛知】のインストラクター渡辺朱里さん。

まずは実力を確認するためご近所を運転してもらいます。
「エンジンもかけられないかも…」と不安そうなHさん、いざ12年振りに運転席へ!
助手席に座る渡辺先生に「ブレーキを踏めるようにシートを前にしてください」と言われても、どうやってシートの位置を動かすのかわからず…。先行きが不安です。

スタッフ全員で安全確認をして、いよいよ出発!平松くんも追走します。

ゆっくり慎重に走るHさんですが、塀にぶつかりそうになったり、田んぼに落ちそうになったり、見ている平松くんやスタッフもヒヤヒヤ(汗)。ぐるっとご近所を回って自宅に戻りました。

走行後にわかったHさんの問題点は大きく4つ。

・まっすぐ走れない
・適正な速度で走れない
・うまく曲がれない
・駐車できない

以上を踏まえて、名古屋市北区にある【城西福祉会・貸しコース】にて特訓です!

≪時速40キロでまっすぐ走る練習≫

渡辺先生曰く、ペーパードライバーの多くが、恐怖心から目線が下がってしまい近くを見てしまう傾向にあるそう。「遠くの建物を見ながら加速してください」という先生のアドバイスを受け、Hさんは視線を遠くへ向けます。

怖くてなかなか加速できなかったHさんも、遠くを見ることで視野が広がり体感速度も低下するため、ふらつかず余裕を持って走行することができました。まっすぐ時速40キロで走ることに成功です!

≪コーナーリングの練習≫

次にコーナーリング。溝が設けられたS字コースをHさんが走ると…案の定、溝にハマってしまいました。
前のタイヤより後ろのタイヤの方が曲がる時に内側に入ってしまう、いわゆる“内輪差”について渡辺先生から指導を受け、再度チャレンジ。
内輪差を意識して外側から曲がり、S字カーブも見事クリアしました。

≪駐車の練習≫

続いては駐車の特訓です。三角コーンを立てた駐車スペースに車を入れてもらいますが…バックでのハンドル操作がわからないというHさんは、右に左にハンドルを操作。残念ながら、車は駐車スペースとかけ離れた方向に進んでしまいます。
上手くできない自分が不甲斐ないのか、Hさんの目に涙が。「愛する我が子のためにも絶対に運転したい!」そんなHさんの想いを汲み、あえて駐車スペースの両側に車を置き、さらに渡辺先生には車外から助言をしていただくことにします。

プレッシャーのかかった状態で挑戦することになったHさん。「ミラーを見ている方にハンドルを回して」という渡辺先生のアドバイスを受け、ゆっくりですがハンドル操作をし、見事駐車スペースに停めることができました!

はじめはまともに運転できなかったHさんですが、3時間の特訓で見違えるように上達!
この後、しっかりと一般道を法定速度で走り、行きたい場所まで行き、さらに駐車することもできました。

「これからちゃんと練習をして、本物のゴールド免許を目指します」とHさん。
今回の挑戦で苦手意識を克服し、運転ができるようになったのが何よりも成長ですね!これからも安全運転で!今回のお助けも大成功でした。