「なにコレ、お祭りじゃん!」お祭りコンセプトに人気店プロデュース『本格炭火焼肉』!家族で楽しむホテルビアガーデン

「なにコレ、お祭りじゃん!」お祭りコンセプトに人気店プロデュース『本格炭火焼肉』!家族で楽しむホテルビアガーデン

人気プロレスラー“棚橋弘至”がリポート!ホテルのビアガーデン

CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組『チャント!』。
毎週金曜日の人気のコーナーは、岐阜県大垣市出身のプロレスラー“棚橋弘至”がリポートする『週末 愛してまーす!!』。
今回は、大人だけじゃない、子どもも楽しめる『家族で行きたい! ホテルのビアガーデン』をご紹介!

子どもを連れていきたくなるビアガーデン

まず訪れたのは、名古屋市昭和区にある『ストリングスホテル八事 NAGOYA』。

棚橋さんが屋内にあるビアガーデン会場に入ると、「なにコレ、お祭りじゃん!」と驚きの一言。迎えてくれたホテルのスタッフの皆さんは、はっぴ姿。会場の入り口から縁日のような雰囲気となっていて、まさにお祭り会場のよう。
「今年はお祭りが中止となっているところが多いので、ホテルでお祭りを楽しんで頂く」というコンセプトのもと、今年初めて開催したのがこの『祭りビアガーデン』です。

お祭りの屋台料理をホテル流に!

料理は、お祭りらしさもありながらホテル流にアレンジ。
棚橋さんがいただいたのは“イカ焼き”。

お祭りの屋台では醤油味が一般的ですが、このホテルのアレンジでは「ニンニクとアンチョビを使った焦がしバターのソース」で味付けをしています。

棚橋さんは「上品な味でアンチョビの塩っ辛さがおいしいんだけど、バターの香りもフワッと鼻に抜けるね」と、洋風のイカ焼きを初体験。

この他、一口サイズのジャガイモを使った“じゃがバター”にはトリュフ塩。

オムそばや唐揚げ、デザート類など20種類以上がビュッフェスタイルの食べ放題で楽しめます。料理の取り分けについては、コロナ対策として会場のスタッフがやってくれるのだとか。気になる料金は、ソフトドリンク飲み放題も付いて90分制で大人3980円。
(子ども料金は、4歳~6歳は980円など年齢により設定)
お酒を飲みたい大人は、プラス1000円でアルコールも飲み放題に。
この『祭りビアガーデン』の開催は9月27日までの主に週末で、完全予約制です。

【取材協力】ストリングスホテル八事 NAGOYA(名古屋市昭和区)

屋上で焼肉を楽しむビアガーデン

次に紹介するのは、愛知県豊田市にある『プラザホテル豊田』。

屋上にあるビアガーデンに着いた棚橋さんは、ショーケースにズラリと並ぶお肉と魚介類を見て、「ワァ~、スゲー! まじ!?」と叫び続けます。

こちらは『本格炭火焼肉』が味わえるビアガーデンで、岡崎市にある人気焼肉店『けんたま家』がプロデュース。ロースやハラミなどおよそ20種類の焼肉と魚介類に、キムチやチジミなどのサイドメニューが食べ放題。

今年はコロナ対策として制限時間を30分短くして、90分制が基本です。気になるお値段は、飲み放題も付いて、大人3900円。「こんなコロナの時期に来てくれてありがとう」の意味を込めて、サンキュー価格にしたのだとか。さらには浴衣で来店すると900円引きの「3000円」をはじめ、割引プランもいろいろ。家族でお得に利用できるビアガーデンです。(子どもの基本料金は中高生3000円ほか)

焼肉以外のセルフの楽しみも

焼肉店がプロデュースするこのビアガーデンで、大好きなお肉を味わう棚橋さん。

「一番コスパがいいのは牛ロース」という大事な情報を聞き出します。
焼肉以外にも、濃厚チーズの焼きたてピザや自分で作る麺類もあって、お子さんたちが喜びそう。
そのセルフ麺コーナーで、棚橋さんも自分の好きなオリジナル麺を作ることに。うどん・ラーメン・パスタの中から好きな麺を選んで、旨辛スープ・コーンスープ・黒カレーの中から好きな味を選びます。
棚橋さんが選んだのは、パスタにコーンスープ。そこに、粉チーズと黒コショウをかけて「なんちゃってカルボナーラ」を作ります。

「コーンスープが独り歩きするのかな?と思ったら、チーズと合わさって違和感なし!」とオリジナルパスタに自画自賛した棚橋さんなのでした。

【取材協力】プラザホテル豊田(愛知県豊田市)