CBC | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

  • YouTube[CBC公式チャンネル]

チャント!

コラム・動画

全力!お助けちゃん

平松賢人(BOYS AND MEN)平松賢人(BOYS AND MEN)
視聴者の皆さまから寄せられた様々なお悩みを解決するため、ボイメンの元気印・平松くんが奔走!お悩み解決はもちろん役立つ情報やヒントを紹介します。
2019.12.04 放送

「食欲不振なので、健康的で美味しい料理を作りたい」…ボイメン平松賢人が家庭薬膳料理研究家・谷口先生とお悩み解決!

ボイメン平松賢人が寄せられたお悩みを全力サポート!

「食欲不振なので、健康的で美味しい料理を作りたい」…ボイメン平松賢人が家庭薬膳料理研究家・谷口先生とお悩み解決!

毎週月~金曜日の夕方にCBCテレビで放送している情報番組【チャント!】。毎週水曜日の人気コーナー『全力!お助けちゃん』では毎回、何事にも全力で取り組むBOYS AND MENの平松賢人が視聴者の方から寄せられたお悩みをサポートしています。

今回は「食欲不振なので、健康的で美味しい料理を作りたい」という女性・Bさんのお悩みです。

「食欲不振なので、健康的で美味しい料理を作りたい」…ボイメン平松賢人が家庭薬膳料理研究家・谷口先生とお悩み解決!

8年前、お母さまの介護のために長い間勤めていた会社を退職したBさん。それから毎日3食、お母さまのために食事を作っていたそう。昨年お母さまが他界されて一人暮らしになり、料理をすることやメニューを考えることがストレスに感じるようになってしまったそう。

長年にわたる介護生活に必死で料理を楽しめなくなってしまったため、「平松くんと一緒に、料理することの楽しさを思い出したい!」と、このコーナーに応募してくれました。

ということで、ボイメンの平松くんが全力で解決します!…と言いたいところですが、実は平松くんもお料理がちょっと苦手。そこで強力な助っ人、家庭薬膳料理研究家の谷口千尋先生にお手伝いいただいてBさんのお悩みを解決していきます。

「食欲不振なので、健康的で美味しい料理を作りたい」…ボイメン平松賢人が家庭薬膳料理研究家・谷口先生とお悩み解決!

まずはBさんの好きなものをリサーチ。果物や栗、さつまいも、うどんや茶わん蒸し、そしてピクルスのような甘酢に野菜を漬けたものが好きなのだとか。
それを聞いた谷口先生が2品教えてくれることになりました。

まずは、茶わん蒸しの中にうどんが入った関西の郷土料理、電子レンジでできる超簡単な『小田巻き蒸し』を作りましょう。

卵はアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富。具材の鶏肉は、抗疲労物質と考えられるイミダペプチドを多く含む食材。温かい食べ物はお腹が温まって消化にも良いのでBさんにぴったりのメニューです。

電子レンジでできる超簡単『小田巻き蒸し』

「食欲不振なので、健康的で美味しい料理を作りたい」…ボイメン平松賢人が家庭薬膳料理研究家・谷口先生とお悩み解決!

【小田巻き蒸しの材料】
卵…1個、うどん…1/2本、だし汁…140cc、かまぼこ、しいたけ、鶏肉、三つ葉(具材はお好みでOK)

はじめに卵液を作ります。卵を割り、白身を切るようによく混ぜるのがポイント。空気が入らないように混ぜると、加熱した際に泡のような穴があく「す」が入りにくくなります。

続いて、溶いた卵に白だしを入れ混ぜ合わせます。器にうどん、その上に具材をのせ、卵液を入れていきます。茶こしなどで濾しながら器に注ぐことでムラが減り、出来上がりが滑らかな舌触りになるそうですよ。

最後にふわっとラップをかけ、200wのレンジで7分加熱したら完成!電子レンジで簡単にできるのに、出汁のやさしい香りが漂う本格的な一品です。

ピクルスが好きだと話していたBさんですが、実はご自宅でピクルスを漬けているそう。今日は、クコの実が入った自家製の「ニンジンのピクルス」を持ってきてくれました。クコの実は“食べる目薬”とも呼ばれる果物で、疲れ目などにも効果が期待できる食材です。

「食欲不振なので、健康的で美味しい料理を作りたい」…ボイメン平松賢人が家庭薬膳料理研究家・谷口先生とお悩み解決!

そこで次に作るのは、Bさんこだわりのピクルスを使った『鮭の甘酢あんかけ』。
カラダを温める生姜も入って冷え性対策にも嬉しいメニューですし、具材の黒きくらげは、体内の水分を整えて血の流れを良くする働きがあり、食物繊維、カリウム、ビタミンDや鉄分を多く含んでいて更年期症状の改善にも効果的だと言われているそうです。

ピクルスを使った『鮭の甘酢あんかけ』

「食欲不振なので、健康的で美味しい料理を作りたい」…ボイメン平松賢人が家庭薬膳料理研究家・谷口先生とお悩み解決!

【鮭の甘酢あんかけの材料】
鮭…1切れ、玉ねぎ…1/4個、にんじん…20g、ピーマン…1個、黒きくらげ…2枚、ゴマ油…大さじ2、砂糖、醤油、酢、鶏がらスープの素、生姜、水…80cc、水溶き片栗粉

まずは鮭に塩コショウで下味をつけ、両面に片栗粉を軽くまぶしたら表面がカリっとするまで焼きます。

続いてあん作り。ピーマン、たまねぎ、黒きくらげなどは千切りにし、ゴマ油を熱して炒めます。具材は火が通りやすいよう同じ大きさに切っておくのがポイントです。
そしてBさん自家製ピクルスの登場!炒めた野菜に「ニンジンのピクルス」を液ごと入れ、水、鶏がらスープの素、醤油を入れて味を調え、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたら、あんの完成です。カリっと焼けた鮭の上にかければ出来上がり!

色も鮮やかで、甘酢のいい香りに食欲がそそられます。ピクルスがアクセントになり、ピクルス液に溶け出したニンジンの旨味も余さずいただける一品です。

どちらも簡単なレシピですし、彩りがキレイな上に栄養バランスも良いのが嬉しいですね。とても楽しく美味しい時間となりました!

最後に、谷口先生が元気になる料理の秘訣をアドバイス。

「食欲不振なので、健康的で美味しい料理を作りたい」…ボイメン平松賢人が家庭薬膳料理研究家・谷口先生とお悩み解決!

食事は見た目・彩りが大事で、5つの色を摂るように心がけると栄養バランスも良く元気になれるそう。そして、食べたいという意欲と、食べるために料理をしようという気持ちが大切で、毎日を楽しむことも重要。例えばアイドルの追っかけをしてみるのもいいかも?!とのことでした。
谷口先生からアドバイスをもらったBさん、今回を機に前向きになれたようです。
バランス良く食べて、元気にイキイキと過ごしてくださいね!今回のお助けも大成功!!

pageup