栄・矢場町お化け屋敷2015 呪いの子守唄
【CBC】栄・矢場町お化け屋敷「呪いの子守唄」告知動画

CM動画

【CBC】栄・矢場町お化け屋敷2015「呪いの子守唄」プロモーション動画

プロモーション動画

開催概要

脅かすだけではない。
「ストーリー」と「ミッション」のある、全く新しいお化け屋敷が今年も名古屋に上陸。

栄・矢場町お化け屋敷2015 呪いの子守唄 チラシ

栄・矢場町お化け屋敷2015 呪いの子守唄

お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏presentsのお化け屋敷が、今年も名古屋矢場町に出現!!
「ストーリー」と「ミッション」のある不思議エンターテイメントお化け屋敷。オフィシャルサポーターのBOYS AND MENも体験するよ。

STORYはこちら
【開催期間】
2015年7月11日(土)〜9月23日(水・祝)
※9月14日(月)〜9月18日(金)の5日間は休館日
【開館時間】
7月、9月 平日:
16時〜20時
土日・祝日:
11時〜20時
8月 平日:
13時〜20時
土日と8/13,14は
11時〜20時
【場所】
若宮大通公園(矢場町交差点高架下)特設会場
アクセスはこちら
【料金】
♦前売券 チケットぴあで7月10日(金)まで販売
Pコード:989-556
前売り大人 800円  前売り小中高生 700円

♦会期中 一律1,000円(大人、小中高生)
※全て税込価格
未就学(小学生未満)のお子様はご入場できません
開催期間中は会場でチケットをご購入いただけます

チケットは、会場、チケットぴあ、サークルKサンクス、セブンイレブンで購入可能

※暴風、大雨警報発令時などの際、休演の可能性があります

【五味弘文】

お化け屋敷プロデューサー。
お化け屋敷を体験型アミューズメントへ進化させた第一人者。
脅かすだけでなく、お化け屋敷にオリジナルのストーリーを 持ち込み、お客様に役割を担わせることでそのストーリーに 参加させるスタイルを確立させた。
これまで様々なストーリーと設定によるお化け屋敷のコンテンツを制作し、500万以上のお客様に恐怖を提供している。

お化け屋敷プロデューサー 五味弘文 (写真)
【オフィシャルサポーター】
BOYS AND MEN
【お問合せ先】
呪いの子守唄お化け屋敷事務局 052-919-0060(平日9時~18時)
主催: CBCテレビ・草川工業(株)
後援: 大須商店街連盟・栄中部を住みよくする会・栄ミナミ商店街連盟
企画/制作: オフィスバーン・草川工業(株)
プロデュース: 五味弘文・草川工業(株)
栄ミナミをとことん楽しむ役立ちサイト
 

STORY

歌を忘れたカナリアは 後ろの山に棄てましょか

この町に住む草間(くさま)という男には、菖蒲(あやめ)という妻がおりました。二人は、姑の安枝(やすえ)と同居していました。
安枝は、病弱な菖蒲のことがあまり好きではありません。家の中には何かというと刺々しい空気が流れますが、気弱な草間はそれを取りなすこともせず、むしろ仕事にかこつけて家になかなか帰ってこようとしません。
そんな草間の家庭に、郁生(いくお)という男の子が生まれました。草間も菖蒲もとても喜びましたが、それ以上に喜んだのは安枝でした。孫が可愛くてたまらない安枝は、何かというと育児に手を出してきたがります。実際、菖蒲は産後の肥立ちが悪く、床に伏せっていることが多いため、安枝の手を借りなければ満足な子育てもできません。
菖蒲が横になっている隣の部屋で、郁生のおむつを替えたり、ミルクを与えたり、あやしたりする声が聞こえてきます。それを聞いていると、菖蒲は病弱な自分の不甲斐なさに涙がこぼれてきます。
けれど、唯一菖蒲が自分を母親だと感じる時があります。それは、ある子守唄を歌うときです。あやしてもあやしても郁生が泣き止まないとき、菖蒲は横になったまま襖ごしに子守唄を歌います。すると、不思議なことに郁生はピタリと泣き止んで、やがて眠ってしまうのです。
病弱な菖蒲に代わって郁生の世話をしている安枝にとって、このことは悔しくてたまりません。自分があやしても泣き止まないのに、菖蒲の子守唄で泣き止んでしまう郁生が憎たらしく感じられます。けれど、何よりも憎いのは、寝たまま歌を歌う菖蒲でした。
郁生には泣き止んでほしい。でも、菖蒲の歌では泣き止んでほしくない。

安枝はこの家では自分が一番力を持っていると思っていたのに、子守唄がそれを崩してしまいました。

毎日毎日、襖ごしに菖蒲の陰気な子守唄を聞くうちに、家の中は赤ん坊を間に挟んで、嫉妬や愛憎が絡み合う濃密な空気になっていきました。
このことに耐えられなくなった安枝は、あることを思いつきます。

子守唄がなくなればいい。
安枝は、菖蒲の滋養のためにと言って、ある薬を草間に渡しました。
草間はそれを菖蒲に飲ませ始めますが、一向に元気になりません。それどころか、肌が黒ずみ始め、髪の毛は抜け、目はかすみ始めます。その薬には、体の中に蓄積される毒が入っていたのです。
日に日に菖蒲は弱っていきます。けれど、あの子守唄を歌うことは止めません。郁生が泣くと、消え入るようなか細い声で歌い始めます。微かな声にも関わらず、その歌が聞こえてくると郁生は泣き止みます。
今ではもう自力で起き上がることもできないほど体が弱っているのに、それでも菖蒲は子守唄を止めません。
やがて子守唄が家の中から消えました。それは菖蒲の息が絶えた時でした。

死んだ菖蒲を前に、安枝は草間に言いました。
私は子守唄を止めるために薬を渡していたんだ。死ぬまで飲ませろと言ったわけじゃない。お前が薬を飲ませ続けたせいで菖蒲は死んだんだ。
安枝は草間に責任の一端を担わせると、死体の処理を指示しました。
草間は、菖蒲の死体を押入に入れると、その襖を漆喰で塗り固めてしまいました。

それからというもの、夜中になると壁の中から子守唄が聞こえてくるということです。
それは、子供を求める菖蒲の子守唄です。

歌を忘れたカナリアは 背戸の小藪に埋めましょか……。

どうか、その歌声をたどって、郁生を探し求める菖蒲を探してきてください。

ミッション

郁生を抱いた菖蒲の写真が真ん中から破られ、二人はバラバラにされています。
安枝から郁生の写真を奪い、どこかにいる菖蒲に届けてあげてください。
写真を介して二人を一緒にさせてあげること。

それが、お客様のミッションです。

アクセス

若宮大通公園(矢場町交差点高架下)特設会場にて開催

オフィシャルサポーター

BOYS AND MEN

栄・矢場町お化け屋敷 呪いの子守唄 オフィシャルサポーター BOYS AND MEN

東海エリア出身・在住のメンバーで構成された11人組。
歌・ダンス・芝居・イリュージョンなどオールマイティーにこなす
エンターテインメント集団。
「日本ガイシホール」での1万人のライブも成功させた。
会期中、彼らにお化け屋敷で会えるかも!!