キユーピーラジオクッキング

このラジオクッキングは、宮本和秀先生が一週間単位でテーマをもうけ、毎日一品づつ、作り方と料理のポイントをアドバイス。

1月1日(月)〜1月5日(金)
正月の食材を使って
1月1日(月) *雑煮
だし汁8カップ、みりん大さじ1、塩小さじ1と1/2、しょうゆ大さじ3は鍋に入れてひと煮します。→基本のかけ汁
餅・もち菜・かまぼこ・削りがつお餅は焼いて入れても香ばしくておいしいのですが、焼いてから2分ほどゆでて椀に入れていただくと柔らかくおいしい。いろいろな具と合わせてかけ汁を注ぎます。
1月2日(火) *鮭の粕汁
酒粕40gは細かくちぎってボウルに入れて赤みそ大さじ1と熱い出し汁大さじ3を加えてスプーンなどで滑らかに練っておきます。鍋に出し汁5カップを入れて火にかけて、大根や里芋、にんじん、こんにゃく、ねぎなどを食べ易い大きさに切って加えます。塩鮭適量はぶつ切りにして5分ほどゆでます。野菜が柔らかくなったら溶いた粕味噌を加えて、鮭も入れて5分ほど煮ます。しょうゆやみりんを適量加えて味を調えて器に盛ります。豆腐などを加えてもおいしい。
1月3日(水) *黒豆の寒天寄せ
正月に煮た黒豆1/2カップほどと、煮汁大さじ4を使います。
鍋に水2カップと粉寒天2gを混ぜ合わせます。強火にかけて煮立ったら中火弱にして軽く混ぜながら2分ほど煮ます。ハチミツ大さじ4と黒豆の煮汁大さじ4を加えてひと煮します。流し缶に流して黒豆を加えて冷蔵庫で冷やし固めます。
3〜4cm角に切り分けます。
1月4日(木) *七草がゆ
セリ、なずな、ゴギョウ、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろは春の七草。
米1カップは水洗いしてザルにあけて、30分ほど置いてから鍋に入れて水7カップを加えて火にかけ、煮立ってきたら細火にして蓋をして20〜25分ほど炊きます。七草は粗く刻んで沸騰湯に塩少々を加えてさっとゆでて、かゆに混ぜます。つくだ煮や梅干しなどを添えていただきます。
1月5日(金) *餅を使って
乾燥して固くなった餅4切れを耐熱ボウルに入れ、水大さじ3を回しかけます。ラップをかけ、電子レンジに3〜5分ほどかけて加熱し、熱い内にボウルに出た汁ごと、木べらで練り混ぜます。まとまってつきたての餅のようになったらちぎっていただきます。
きなこやあずきあんをからめたり、磯辺もちにしても美味しくいただけます。